保育士 給料 アップ

保育士の給料25%アップ!待機児童解消へ向け栃木県さくら市が人材確保へ

栃木県さくら市で2016年11月16日に開かれた市議会全員協議会で、さくら市内の臨時職員の給料を来年2017年4月から増額する方針を発表しました。さくら市の市議会によれば、臨時職員の給料は2008年以降変化がなく、この度の給料引き上げについては8年ぶりだということです。

臨時職員の給料をアップする計画には栃木県さくら市の待機児童問題が背景にあります。こうした待機児童問題解消に向けての保育士の人材確保が必要だと話し合われた結果、さくら市の保育士の給料は25%アップ、日額にして2100円と大幅にひきあげられることとなりました。

 

さくら市の保育士給料25%アップについて

2008年から数えて実に8年ぶりとなる栃木県さくら市の保育士の給料引き上げは、率にすると25%増となります。待機児童問題を抱える都道府県は多いですが、保育士の給料を上げる政策はあまりみられることではないので今後この政策実施の動向は注目されることでしょう。

 

正社員の保育士給と同じ水準になる

現在さくら市で働く保育士の日額は8400円が平均です。ここに25%増額させると10,500円となり正規雇用の保育士と同等の給与額になります。この政策によって保育士資格を持っていながらも働けない潜在保育士も復帰しやすい環境を整える目論見があります。

 

栃木県の待機児童問題について

2016年4月1日の時点で栃木県の待機児童は前年度250人と比較すると95人減少した155人が確認されています。全国で比較すると、最も待機児童が多い東京が12,000人超と栃木県は少数であり改善はされている状況です。

 

栃木県さくら市の待機児童問題は深刻

栃木県全体の待機児童は前年よりも少なくなりましたが、さくら市単体で見てみると前年6人、さらに現在6人増え待機児童数は12人と倍になりました。待機児童数というのは報告を受けている人数以外にも隠れ待機児童と呼ばれる子どもたちも存在すると考えられるため、かなり深刻な状況と言えます。

 

まとめ

今回の保育士給料がアップするニュースは個人的にも大変喜ばしい内容に感じました。前々から全国の市区町村で待機児童解消に向けた対策や政策は今なお見直しを繰り返してきています。その中には保育士支援の計画がいくつも実行されていますが、給料を上げるという政策は難しく、簡単に実行できないことが多いように感じます。

この栃木県さくら市の保育士給料アップ計画にはさくら市にお住いの保育士はもちろん、今後の保育士環境への希望が詰まっていると期待ができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です