栃木県保育士転職

栃木県の保育士転職の実情と注意点

栃木県の保育士の平均年収は全国平均をわずかに下回る水準で、70%が不満を感じています。栃木県では保育士不足による待機児童問題が起こっており、県は、潜在保育士の復職をサポートしています。栃木県で保育士転職をお考えの方へ、転職の際のポイントをお伝えします。

 

1.栃木県の保育士の平均年収・給与・ボーナス

栃木県保育士平均年収平均給与平均ボーナス

 

栃木県で保育士として働く人の平均的な月収は19万円から20万円で、過去10年間ほぼ変化していません。

 

ボーナスの平均支給額は約50万円

ボーナス支給額の平均は50万円から55万円程度とされており、これはほぼ全国平均と同じ額です。とはいえ、平成23年の県内平均と比べるとおよそ15万円のダウンとなっています。

 

平均年収は全国平均をわずかに下回る

平均年収は290万円から300万円で、全国平均をわずかに下回る水準と言えます。女性の平均年収はここ数年で50万円近くアップしているのに対し、男性保育士は同じ期間におよそ70万円ほどダウンしています。これが男性保育士の新規就業者数が伸び悩んでいる原因と考えられています。

 

栃木県パート保育士の平均時給

栃木県内でパートの保育士として勤務する場合、平均的な時給は800円から900円程度です。ただし豊富な現場経験を持つ保育士の場合には時給1000円以上が支給されることもあります。

 

栃木県の契約社員保育士の給与

契約社員として働く保育士の待遇は職場環境や就業場所などによって大きく異なります。例えば最低賃金として18万円を保証しているケースもあれば、「実務未経験者は13万円からスタート」という案件もあります。

 

ポイント

保育士へのポイント

栃木県が県内で就業している保育士を対象として行ったアンケートによれば、70%以上の保育士が現在の給与額に不満を感じていると回答しています。

「早急に改善が見られないなら離職する可能性もある」と答えた人もかなりの数に上ることから、栃木県は可能な限り早い時期に保育士の給与待遇を改善したいとしており、そのために国と県内にある各市町村の協力を求める構えです。

 

2.栃木県の保育士人口と保育施設の募集状況

栃木県保育士人口保育施設募集状況

栃木県内で保育士として勤務している人は6000人余りいるとされています。一方保育士資格の保有者として県に登録している人はおよそ1万8000人いるとされていますから、全体のほぼ3人に2人が保育士資格とは直接関わりのない職種に就業していることが分かります。現在県の保健福祉部とこども政策課ではこの割合を減らし、保育士の就業者数を増やすための取り組みを進めています。

 

栃木県は待機児童問題が深刻

栃木県内の待機児童は2014年までおよそ200人前後で推移していました。2015年になって保育施設の利用に関する仕組みが変わったことから申し込み者が大幅に増えたため、それに伴い待機児童の数も倍増し、2016年初めにはおよそ600人が希望する保育移設を利用できない状態が見られています。

県内で待機児童が報告されているのは宇都宮市や小山市、那須塩原市など12の市町村です。大半の自治体では2012年ごろまで待機児童ゼロの状態が続いていたため、急激な変化に対処しきれていないというケースも多く見られます。

 

少数の保育士にかなりの負担がかかっている

受け入れ先を増やすために保育施設を新設したものの、そこで働く保育士の数が十分に集まらず、少数の保育士にかなりの負担がかかっているという事例も報告されています。

 

保育士の求人が新卒・転職を問わず大幅に増加している

栃木県内では2015年より保育士の求人が新卒・転職を問わず大幅に増加しています。ブランクのある保育士向けに県内各地で就職説明会や研修セミナーなども開かれているので、保育の現場に復帰したい人をサポートする体制ができています

 

3.栃木県の保育士転職のポイント

栃木県保育士転職注意点

保育士の需要が増している栃木県内では、キャリアを持つ保育士を積極的に採用しようという保育施設が多くなっています。では栃木県で現在就業しており、これから転職しようと考えている人はどんな点を銘記しておくと良いでしょうか。キーワードは「とちぎ創生15戦略」です。

 

「とちぎ創生15戦略」とは?

「とちぎ創生15戦略」とは県が定める政策の総称で、県内産業の安定的な発展と住みやすい街作りを目指すもので、待機児童や保育士の不足解消なども議題として取り上げられています。

 

「とちぎ創生15戦略」の政策

政策一環として、保育園と幼稚園の持つ利点を組み合わせた「認定こども園」新設や、「認可外保育園」の保育費を引き下げるための補助金制度などが実施されています。

 

各保育施設も保育士の採用を増やしている

取り組みの成果として、認定こども園や認可外保育園を利用する保護者が増えてきており、それに伴って各保育施設も保育士の採用を増やしています。

 

認定こども園で働く場合

栃木県内で間もなく転職したいと考えている人は、どのような保育施設で働きたいと考えているのかを前もって決めておくと良いでしょう。認定こども園で働く場合には、幼稚園教諭の業務に関してもある程度経験することができるという利点があります。

 

新設された保育園で主任保育士のチャンスも!

一方新設されたばかりの保育園で働く場合には、さらに経験を積むことができるだけでなく、これまでの実績を活かして他の保育士を指導する「主任保育士」として勤務するチャンスもあることでしょう。

 

保育士が学ぶ環境が整っている

やがて保育園の経営に関わりたいと考えているなら、認可外保育園に転職することで、園の認可申請や補助金に関する手続きなどを学ぶ機会も開かれるでしょう。

 

4.栃木県で保育士求人を探すポイント

栃木県保育士求人ポイント

栃木県では宇都宮市や那須塩原市などを中心に転職を希望する保育士の採用が多くなっています。とはいえ、自分の希望に合う条件の求人を探すのは意外と時間がかかるもので、仕事をしながらであればなおさらです。限られた時間の中で効率よく転職活動を進めていくため多くの保育士が利用しているのが、「保育士転職サイト」です

 

ハローワーク

ハローワークで提供しているネットサービスの強みは「情報網の広さ」です。栃木県を含め全国から求人情報が集められており、最新の情報をすぐに閲覧することができます。ただし情報の内容は基本的な仕事内容や給与待遇などで、就業先の雰囲気などに関する記載はまずありません

 

大手転職サイト

大手転職サイトを利用するメリットは「求人数の多さ」で、幅広い業種に関して、正社員から派遣社員まで多岐にわたる情報を見つけることが可能です。とはいえ、情報の更新頻度はサイトによってまちまちで、すでに募集が終了している案件に関しても掲載しているケースがあります。

 

保育士転職サイトの良さは「マッチング力」

保育士転職サイトの良さは「マッチング力」です。サイトの担当者は栃木県内各所を回り、職員を募集している保育施設を1つ1つ訪問して働きやすさなどを精査します

 

転職希望者のキャリアをじっくり考慮する

転職希望者のキャリアをじっくり考慮した上でマッチングを行うため、スムーズに話がまとまることが多いのです。

 

新設された保育施設の場合

新設された保育施設の場合は、施設内の見学と現場担当者との面談も行います。そして職場環境が良いと判断された案件だけをサイトに掲載しているのです。

 

まずは「保育士転職サイト」に相談してみる

栃木県内で保育士としてキャリア転職を目指しているなら、まずは「保育士転職サイト」に相談してみましょう。

 

5.栃木県の保育士におすすめの保育士転職サイト

栃木県で保育士転職をお考えお方におすすめの保育士転職サイトを3つご紹介します。是非、参考にしてみてください。

 

ほいく畑「ぴったりの求人をお探しします」

ほいく畑

株式会社ニッソーネットが運営する保育士の求人サイトです。専任の人材コーディネーターが希望条件にぴったりの求人を紹介してくれます。

  • 厚生労働大臣認可の就業支援サービス
  • 地域密着の求人が3,000件以上
  • 非公開求人あり

都市部の保育士求人を多く取り扱っているので栃木県の保育士さんにオススメの保育士転職サイトです。専任の人材コーディネーターが就業までサポートしてくれます。

ほいく畑の口コミはこちら

公式サイトへ

サイト詳細へ

 

ベビージョブ 「小規模保育園数トップクラス」

ベビージョブ

株式会社S・S・Mが運営する保育士求人・転職・採用サイトです。小規模保育園数が業界トップクラスで、関東地方と関西地方の求人に特化しています。

  • 小規模保育園数が業界トップクラス
  • 定期的に勉強会を開催
  • 未経験・ブランクがあってもOK

少人数の保育園だからこそ一人一人の子どもに合わせて保育できるのが魅力です。アットホームな職場で働きたい方にオススメです。

ベビージョブの口コミはこちら

公式サイトへ

詳細はこちら

 

スマイルサポート保育「業界最大級の保育求人数」

スマイルサポート保育

長谷川キャリアサポート株式会社が運営する保育士転職サイトです。首都圏最大級の求人数を保有しているので希望に合った求人が見つかります。

  • 首都圏最大級の求人数
  • 保育経験のあるコンサルタントがいる
  • ブランク復帰歓迎

保育士経験のあるキャリアコンサルタントが全力でサポートしてくれます。ブランクがある方もこの機会に復職を考えてみてはいかがでしょうか。

ベビージョブの口コミはこちら

公式サイトへ

<詳細はこちら>

 

まとめ

栃木県の保育士の平均年収は全国平均をわずかに下回る水準で、70%が不満を感じています。栃木県では保育士不足による待機児童問題が起こっており、県は、潜在保育士の復職をサポートしています。その一環として、県は「とちぎ創生15戦略」を政策として打ち出しています。栃木県で保育士転職をする場合、保育士転職サイトの活用をお勧めします。

 

口コミを投稿する


Submit your review
  

栃木県の保育士転職の実情と注意点 SKU UPC Model

U・K

2017/3/04

保育士雇用補助金足利市

栃木県足利市は非常勤全員に、冷たい❗
東京都では、保育士一人に約2万円、給料に上乗せ補助金をだすって公表してるけど、栃木県は非常勤全員につめたい❗
補助金は事業所の規模にゆって、金額が違いその使い方は、事業所にお任せだそうだ。
正規職員ばかり、給料アップして、非常勤全員は、泣き寝入り❕
非常勤全員は、使い捨て❕

1.0
地域:栃木県 | 
性別:女性
1.0 1.0 1 1 栃木県足利市は非常勤全員に、冷たい❗東京都では、保育士一人に約2万円、給料に上乗せ補助金をだすって公表してるけど、栃 栃木県の保育士転職の実情と注意点

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です