2nenmehoikusitensyokuarinasi

2年目保育士の転職は「アリorナシ」?メリットとデメリットとは

保育士は2年目にもなると新人扱いはされなくなり、時には後輩ができ、仕事が増えたり責任が重くなったりと経験者の扱いをされていきます。

反対に、2年目になっても全く仕事を任されることがなく、いつまでも何もできない新人扱いをされる場合もあります。

こうした2年目保育士に対する仕事の内容が、はたして自分に合っているのか、仕事内容が自分にふさわしくないと感じたり、大きなストレスとなったりすることで転職を視野に入れることはあります。

そこで今回は、2年目保育士の転職はアリかナシかを、メリットとデメリットを紹介しながらお話していきます。

 

1.保育士2年目で転職するのはアリorナシ?

2年目で転職するのはアリか考える保育士

2年目の保育士が転職をするのは、結論から言うと「アリ」です。

「この職場にはもういられない」と強く思ったならば、ストレスをいつまでも抱えている必要はないからです。

いつまでも嫌な思いをひきずりながら仕事をしても、子どもに良い影響は与えられません。

しかし、仕事が辛いからと言って、保育士の仕事を辞め、他の職種に変えてしまうのは勿体ないことです。

たった1年働いた職場が全てではありません。保育の環境は様々です。まずは転職し、他の職場を経験してみることをおすすめします。

 

2.保育士が2年目で転職したいと思うよくある理由5つ

転職したい2年目保育士

保育士にとっての2年目は、環境(職場や家庭、立ち位置など)の変化、逆に、変化を望むことの不変によって、「転職したい」と思いやすいタイミングでもあります。

2年目の保育士が転職したいと思う理由は様々にありますが、ここではよくある理由5つをご紹介いたします。

 

(1)急に責任が重くなった

保育士の少ない職場では良くあることで、2年目になったら担当する仕事が急に増えることや、わからないことがあっても質問しにくい環境になってしまうことがあります。

責任ある立場が自分のモチベーションの範囲を超え、負担だらけになってストレスに繋がり、転職したいと思うようになる場合があります。

 

(2)いつまで経っても仕事を任せてもらえない

仕事を任せてもらえない保育士

「急に責任が重くなった」とは逆の理由で、全く仕事をさせてくれないことや、いつまで経ってもダメ出しばかりで自分を認めてくれないことがあります。

1年間一生懸命学んで働いた経験と知識を発揮できず、自信を持つことができなくなってしまうことにより、転職したいと思う2年目の保育士は少なくありません。

 

(3)ハラスメントが続いている

意地悪な先輩保育士や上司がいて、1年間我慢をしてきたけれども、2年目になっても変わらない、もしくはエスカレートしている時や、パワハラ、セクハラなどのハラスメントを受けている保育士にとっての2年目は、「我慢の限界が来ている」頃であり、「転職したい」と思うタイミングでもあるでしょう。

 

(4)残業が多く、プライベートな時間が全くない

保育士の残業

1年目の保育士は、勉強のため、仕事に慣れるために残業をたくさんし、休日も仕事の時間に費やしていたけれど、2年目になってもその生活を変えることは難しい場合、「将来を考えて転職した方が良いのでは」と思うことがあります。

 

(5)生活スタイルが変わった

結婚や育児、介護など、自分(保育士)の生活が変わり、今の職場では仕事をすることが難しい場合に転職を考えることがあります。

たとえ2年目の保育士であっても、住む環境や生活が変われば、生活と仕事を両立させることのできる職場を探すべきであると言えます。

 

3.保育士2年目で転職するメリット

転職するメリットに喜ぶ2年目保育士

2年目で転職するメリットは、現在の職場におけるストレスをため込み過ぎずにリセットすることができることです。

合わないと感じたら、現在の職場にはこだわらず、働く環境を変えることは自分を守る手段になります。

 

経験はあるものの新鮮な気持ちで仕事に慣れていける

2年目の保育士は、1年間保育の現場を見てきているので、年間を通した仕事の流れや、行事などは把握できています。

ベテランになって凝り固まった保育感で転職するのとは違い、転職先では、経験はあるものの新鮮な気持ちで仕事に慣れていくことができるでしょう。

 

4.保育士2年目で転職するデメリット

転職するデメリットに驚く2年目保育士

保育士2年目で転職する場合は、「たった2年しか働かずに転職してしまったのか」というマイナスなイメージを持たれやすいことがデメリットです。

保育士は、噂好きな人もたくさんいます。「もう少しがんばってみることを何故しないのか」と問い詰めてくる人もいるでしょう。

また、面接においても「どうして前の職場を2年目で辞めてしまうのか」ということは細かく質問されることが予想されます。

その理由は、次の転職先でも2年程で辞められたら困るからです。

 

保育士2年目で転職するデメリットを解決するには

「マイナスなイメージを持たれやすい」という点を解決するには、「2年目で転職することは、自分にとってプラスなことである」と考えていくことが大切です。

2年目の保育士が、「転職が自分にプラスである」と考えることで、目標とする保育や転職理由が明確になり、面接官が持つマイナスイメージを打ち消す要因にもなり得るからです。

 

転職時の面接で「職場を辞めた理由」を聞かれたらどう答えるべき?

2年目の保育士が転職の理由を聞かれた際、今までの職場の悪口を言わないようにすることが大切です。

例:「今までの職場は、○○という点で良いと感じました。しかし、△△という点で、自分の力を発揮できませんでした。」

というように、前の職場の良かった点を伝えながら、自分が転職を考えた理由を加えていくと、面接する相手に好印象を与えます。

さらに、転職先では長く続けたいという強い思いもアピールできるとさらに良いでしょう。

 

悪口や不満を言わないことは後腐れの無い退職にも繋がる

2年目で転職する保育士が今までの職場において、子どもや保護者、同僚や上司に対して職場の悪口や不満を言うのは止めましょう。

短い間でもお世話になった人(例え自分をいじめた嫌な先輩保育士等でも)には、誠意を持って対応し、引継ぎも丁寧に行うことが礼儀であり、後腐れの無い退職にも繋がります。

 

まとめ

まとめ

仕事は最低でも3年は働いてから転職をするべきだ、と言う意見もあります。

確かに、「なんとなく仕事が合わない」「つまらない」といったぼんやりした理由で転職を考えているならば、もう少し仕事に慣れるまでがんばってみることも大切です。

しかし、様々な理由で「もう耐えられない」「不安が募ってストレスを感じる」など、自分の健康を害しそうな時や、転職を希望するしっかりとした理由を持っているならば、たとえ2年目の保育士であっても転職することをおすすめします。

なお、2年目の保育士が転職をする際には、面接官に「マイナスイメージを持たれやすい」というデメリットがあるため、「転職理由」の伝え方には十分注意するようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
はにみつ(現役保育士)

はにみつ(現役保育士)

都内の保育園で15年ほど働き、現在は家庭を優先させるため保育園で臨時職員をしています。保育士の仕事は、嫌なことや落ち込む時も多いけれど、子ども達の成長と力を間近で感じられる、共感できる!本当にすばらしい職業だと思います。正規職員、臨時職員だけでなく、非常勤、任期付き職員の経験もあるため、様々な立場としての考えや、保育の現場の情報をお伝えしていきたいです。


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です