保育士 仕事 子育て 

子育てと仕事を両立する保育士になるには?職場選びのコツもご紹介!

保育士という仕事は、出産、子育てを経験することで価値観も変わります。

そして子育て経験があるとより仕事の幅が広がります。だからこそ、子育てと両立できずにやめてしまうのは、もったいないことです。

今日は、子育てと保育士の仕事を両立するためのポイントと、職場選びのコツをご紹介します。

 

1.保育士が家庭と仕事を両立するには

赤ちゃんを抱っこする女性

保育士が家庭と仕事を両立させるためには、「仕事は仕事、家庭では家庭」と、オンとオフの切り替えが大切になります。

この切り替えをスムーズに行うためのコツは以下の通りです。

 

(1)家事は手抜きや時短を心がける

保育士の仕事は、体力勝負です。家事も大切ですが、少しでも時間を有効的に使えるように基本的に家事は手を抜けるところは抜きましょう。

 

空いた時間を体力温存に使う

洗濯や掃除は毎日やる必要はありません。夕食も手の込んだものをつくるのは週末にする、買い物は週末にまとめ買いする、などと決め、空いた時間は日々の子育てと仕事のための体力温存に努めましょう。

 

(2)仕事はなるべく持ち帰らないと決める

保育士の仕事はやることがたくさんあり、残業や持ち帰りの仕事も多いです。

家庭を持っていないときは、残業も持ち帰りの仕事もこなしていたと思いますが、家庭があるとなるとそうはいきません。

 

オンとオフの切り替えをしっかりと

子育ては自分の子どもとまっすぐ向き合う時間が必要なので、オンとオフの切り替えをしっかりしましょう。家庭にいるときは保育士の仕事をせず、母親として向き合ってあげてください。

 

(3)時短正社員制度を利用する

すべての園で設けている制度ではありませんが、時短正社員という働き方があるので、こちらの制度の利用も検討してみましょう。

この制度は、家庭をもっている保育士の仕事とのバランスを取るためや、産休育休明けの保育士の仕事の負担を減らすために設けられた制度です。

 

ポイント

保育士へのポイント

時短正社員の場合、1日の4~6時間程度で、シフト制ではなく固定時間で働くことが多いです。一般の正社員より給与は少ないですが、有給や賞与があるということが大きなメリットです。

 

(4)家族・子どもと話しあう

保育士の仕事と子育てを両立するのに、家族の助けは必要不可欠です。

体調が悪いときの看病や残業の時の子どものお迎えなど、サポートしてもらいたいことがあります。仕事を始める前に話し合い、サポートをお願いしましょう。

 

子どもに自立を促す習慣を

子どもにも「お母さんはお仕事している」ということを理解してもらえるように少しずつ話していきましょう。

「ママもお仕事してきたから、してくれると助かるな」と、自分のことは自分でさせる習慣をつけていくようにしましょう。

 

2.子育てと仕事を両立できる職場選びのコツ

家事の最中悩む女性これまで子育てと仕事を両立させるコツをお話ししましたが、両立するには職場選びも重要になってきます。

次は、子育てと仕事を両立できる職場選びのコツをご紹介していきます。

 

(1)「子育て経験のある方歓迎」の職場を探す

求人探しの際は、「子育て経験のある方歓迎」の職場を見つけるようにしましょう。

実は、子育て経験者は、子どもの気持ちや保護者の気持ちが深くわかることから保育の場では需要があるのです。

そのため、こういった職場は婦主婦方が働きやすい体制を整えてくれているところが多いのです。

 

(2)残業なし・持ち帰りの仕事なしの職場を探す

保育士の残業や持ち帰りの仕事などがあるのかどうかも、求人を見つける際に確認してみましょう。現場の保育士に聞ければ一番いいのですが、難しい場合は園見学をさせてもらって、気になることはその時に直接聞いてみましょう。

 

できる範囲で協力したい旨を伝える

まったく残業や持ち帰りの仕事ができないと言ってしまうと、園側も困ってしまうので子育てしながらもできる範囲で協力したい旨を伝えるようにしてください。

 

(3)実際に働いている現場を見る

職場選びで一番確かなのは、実際に働いている現場を見ることです。

園見学や面接の際に、保育士の年齢層や主婦の方がどれだけ働いていてどのような働き方をしているのかを聞いてみるといいでしょう。

 

(4)保育士転職サイトに登録する

実際に園見学や面接で園の様子を見ることが難しい場合や、不安なとき、直接残業のことなど聞くのが苦手な人もいます。

そんな不安を解消してくれるが、保育士転職サイトです。園との間に入り、聞きにくいことなども聞いてくれます。

 

時間が無いという方にも

「自分に合った求人を探している時間もない!」という場合でも、条件をあげておけば、自分に代わって職場探しをしてくれます。

コーディネーターは、この道のプロばかりなので安心して任せられます。

 

まとめ

kosodateotokotokonoko
保育士が子育てと仕事を両立できるポイントと職場選びのコツをご紹介しました。

どちらも両立できれば、もっと社会で女性の活躍する場が増えていきます。

今回のポイントとコツを参考にしていただき、自分や家族のライフスタイルに合った職場で保育士人生を十分に楽しんでください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
nanairo(元保育士)

nanairo(元保育士)

学生の頃から、託児所・幼児教室・保育園と様々なところで子供と関わってきた元保育士です。現在、二人の育児真っ最中のため保育士の仕事はお休み中です。 これまでの経験を活かし、転職する保育士の皆様のサポートになるような情報を発信していければと思います。


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です