沖縄県働く保育士転職事情注意点

沖縄県保育士の平均年収と働く環境・転職注意点・求人の探し方

沖縄県は保育士転職において地域格差があります。都市部では様々な働き方を選択できますが、一方で地方では求人数が少ないため注意が必要です。地方で保育士転職を成功するには、こだわりすぎずフレキシブルに対応することが必要となります。今回は沖縄県の保育士の実態と保育士転職の際のポイントを解説します。

 

1.沖縄県保育士の平均年収と募集状況

沖縄県保育士平均年収募集状況

沖縄県は、全国的にみると保育士のお仕事を含めた全従業者の平均年収は全国最低となっていて、332万円程度(2016年現在)となっています。これは、全国平均の469万円程度(2016年現在)と比べるとかなり低くなっています。

 

沖縄県の保育士の平均年収

保育士のお仕事に限定すると、全国平均は309万円(2016年現在)なのに対して、沖縄県内の保育士平均年収は259万円(2016年現在)で、こちらも全国平均と比べると低くなっています。

 

他業種と比較すると保育士の平均年収は低い

全従業者の平均年収と保育士の平均年収を比べてみると、全国平均では、保育士の年収は他の仕事と比べると平均が66%程度程度となっていて、保育士のお仕事はかなりの低賃金と言えますが、沖縄県の場合には、保育士の給料は他の仕事の78%程度なので、それほど劇的な低賃金ではないと言えます。

 

沖縄県の保育士求人倍率は全国平均レベル

沖縄県の保育士求人倍率は、1.61倍となっていて全国的な平均レベルとなっています。保育士のお仕事1つに対して1.61人の保育士がいるということになりますが、これは正社員の仕事だけではなくパートの仕事も含まれていますし、一日数時間だけの短時間のお仕事なども含まれています。

 

地域によっては求人の選択肢が少ない

那覇エリアでは保育施設がたくさんあるので、保育士にとってはたくさんの求人の中から自分の条件やライフスタイルに合わせてあった仕事を絞り込むことができますが、都市部から少し離れると保育施設の数そのものが少なくなってしまうので、多くの選択肢の中から条件や希望に合わせて仕事を選べないという状況になるようです。

 

2.沖縄県の保育士人口と働く環境

沖縄県保育士人口働き方

沖縄県の保育士人口は、毎年5400人~5800人程度となっていて、この数は全国的にみると18位(2016年現在)となっています。保育士の給料を見ると全国平均よりも低く決して高いわけではありませんが、これは保育士のニーズが高いエリアに共通する傾向となっています。

 

沖縄県都市部では自分に合う働き方ができる

沖縄県には、公立の認可保育園に加え、私立の保育園や認可外の保育園など様々な種類があります。都市部では核家族で生活する人が多いため、いろいろな種類の保育園が混在していて、保育士にとってはライフスタイルや働きやすさに合わせて自分に合った仕事を見つけることができますし、収入面でも高待遇の所からイマイチな所まで様々です。

 

沖縄県の地方では保育士のニーズが低い

沖縄でも県庁所在地の那覇から遠くなると、核家族で暮らす人が少なくなりますし、子どもの数もグンと減るため、保育園の数が少なくなります。それに伴って保育士の数もニーズも減ってしまうため、保育士の年収もあまり高待遇な仕事は探すのは難しいかもしれません。

 

求人の地域格差がある

沖縄県では、都市部と地方における保育園や保育士のニーズや環境が大きく異なっているため、転職希望者にとってもどの地域で働きたいかによって、仕事の見つけやすさから働きやすさなどが大きく異なっています。

 

沖縄県は保育士が働きやすい環境

沖縄県で保育士として働くことは、決してほかの仕事と比べて高待遇というわけではありませんが、全国的に多くの保育士が抱えている悩みである「保育士は低賃金」という点はそれほど深刻ではありません。そのため、資格を生かしてずっと働く人は多いですし、年収アップを目指して転職する人もまた多いという点が、沖縄県で働いている保育士の傾向といえるのではないでしょうか。

 

3.沖縄県保育士の転職注意点

沖縄県保育士転職注意点

沖縄県で保育士転職する場合には、仕事によって給料面など待遇が大きく異なることがあるので、一つ一つの仕事を比較検討しながら、自分のニーズや条件に合ったものを見つけることが必要です。

 

働きやすい環境が整備されていない職場もある

全国的に保育士のお仕事は、重労働で低賃金と言われていて、資格を生かして働きたいけど低賃金すぎて家計を支えることができず、やむ負えず保育士以外の仕事に転職する人は少なくありません

都道府県によっては保育士が高待遇で働きやすい環境に整備されている所もありますが、沖縄県は東京や大阪などの都市部と同じで、保育士が必ずしも高待遇というわけではないため、転職活動をする際には、自分の希望や条件、ニーズを満たしてくれるお仕事を探す必要があります。

 

沖縄県の地方の保育士求人は少ない

沖縄県は都市部と地方とで雇用機会や保育園の数で大きな差があります。県庁所在地がある那覇市周辺では、保育園の数も多く、公立や私立、認可や不認可など様々な所がありますが、那覇から少し離れると保育園の数が一気に減少してしまいますし、保育士にとっては職場の数が少なくなってしまうために離職率も低くなり、仕事を探していてもなかなか求人募集が出てこないということは珍しくありません。

 

地方ではフレキシブルな対応が吉

地方では、転職の際にどれだけ自分の希望や条件にこだわるかフレキシブルに対応することが必要となります。なかなか求人募集が出ないエリアでは、条件や待遇にあまりこだわってしまうと仕事が見つかりませんので注意して下さい。

 

4.沖縄県で保育士求人を探すポイント

沖縄県保育士求人ポイント

沖縄県で保育士求人を探す場合、探し方が大きなポイントとなります。那覇市周辺で働く求人なら、保育士転職サイトやハローワークなどいろいろな媒体を活用して仕事を見つけたり、たくさんの選択肢の中から絞り込むことができます。自分のライフスタイルやライフステージに合わせて、働きやすい職場を見つけることができるので、迅速に満足できる職場を見つけることもできます。

 

沖縄県の地方での転職活動は困難!?

那覇から少し離れた場所になると、保育園の数が少なくなりますし、保育士転職サイトでは網羅されていないエリアが多くなるため、転職サイトだけを使っているのではなかなか求人募集が見つからないという事態になってしまいます。

 

沖縄県の地方ではハローワークを上手に活用する

那覇から離れた地方では、地域密着型の仕事を紹介してもらうことができるハローワークで仕事探しをするのが一般的となりますので、各自治体に設置されているハローワークを上手に活用しながら根気よく仕事探しをすることがポイントとなります。

ハローワークの中には、WEBで求人一覧をチェックできるサービスが完備されている所もありますから、働きながら転職活動をしたいという人にとっては、自宅から24時間いつでも求人チェックができてとても便利なサービスと言えるでしょう。

 

保育士のネットワークも大切にする

沖縄県に限らず、保育園が少ないエリアでは、ポジションの空きが出た時に口利きで人材を確保するという方法もあるので、保育士同士のネットワークも大切な仕事探しの方法と言えるかもしれませんね。

 

5.沖縄県の保育士におすすめの保育士転職サイト

沖縄県で保育士転職をお考えの方におすすめの保育士転職サイトをピックアップしてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

保育士バンク「厚生労働認可サイト」

保育士バンク

保育に関するさまざまな事業を手がけているネクストビートという会社が運営しているのが保育士バンクです。 厚生労働大臣認可の日本で最も大きな求人サイトとなっています。

  • 全国で就職・転職フェア開催
  • 厚生労働大臣認可で安心
  • 保育士バンクだけの求人がある

全国47都道府県の求人を取り扱っているので、沖縄県の方にも是非利用して欲しい転職サイトです。全国で就職・転職フェアが開催されているので、ますは参加してみてはいかがでしょうか。

保育士バンクの口コミはこちら

公式サイトへ

 

保育ひろば「これからずっと付き合える」

保育ひろば

株式会社ネオキャリアが運営する、全国47都道府県の保育士・幼稚園教諭の求人募集情報を掲載している保育士求人専門の転職支援サービスです。

  • トップクラスの保育士求人数
  • ご利用満足度94.2%
  • 転職お祝い金最大2万円をプレゼント

入職後の保育士同士の人間関係や研修、事務手続きなど、困ったことがないか等のアフターフォローがしっかりしているので安心して利用できます。

保育ひろばの口コミはこちら

サイト詳細へ

 

保育情報どっとこむ「自宅にいながら就職活動」

保育情報ドットコム

人材サービスのアスカグループが運営する保育士転職サイトです。新卒者向けの求人募集・就職情報からベテラン保育士の方へ転職情報など多種多様な求人情報を取り揃えています。

  • 保育専門のキャリアコンサルタントが万全サポート
  • 求人案件数最大級
  • お仕事説明会・無料セミナーで就業相談

各支店に保育に特化したキャリアコンサルタントが在籍していて、ぴったりの求人をご紹介してくれます。お仕事説明会・無料セミナーも各地で開催されているので利用してみてはいかがでしょうか。

保育情報ドットコムの口コミはこちら

公式サイトへ

 

まとめ

沖縄県は那覇周辺と地方では求人数に大きな開きがあります。那覇周辺で転職するなら、保育士転職サイトやハローワークの活用が有効です。全国展開の保育士転職サイトを利用すると良いでしょう。一方、地方で転職する場合は、口利きで人材を確保するということが少なくなく、保育士同士のネットワークも大切となります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です