保育士 円満退職 方法 

保育士が円満退職をする方法を教えます!

退職をする時に誰もが考えのが、円満退職だと思います。円満に退職すれば、その職場の保育士ではなくなったとしても、今までお世話になった同僚や先輩・後輩たちと個人の良好なつながりを保てるからです。きちんと退職をするという行為はその職場への礼儀や個人の品格を示せることにもつながります。

それでも、簡単に退職はできません。退職を願い出た時に、とてもお世話になった方々から引き留められたらどうしますか?このページでは退職を考えた時に心得て欲しいポイントや注意点などを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

人気No.1保育士転職サイト

マイナビ保育士


1.保育士の円満退職の方法とポイント

保育士円満退職の方法とポイント

保育士の方で今働いている職場を辞めて、別のところに就職する人もいるでしょう。この場合、前の職場をいかに円満退職できるかが重要なポイントです。意外と保育士業界は狭いので、トラブルのある辞め方をしてしまうと、次に働く職場でもそのうわさが流れることも十分あり得ます。

 

円満退職するためにタイミングは重要

円満退職をするためには、タイミングが重要です。皆さんが職場を離れることになれば、今まで皆さんがやっていた仕事を他の職員に割り振らないといけません。つまり、他の職員の仕事の負担が増して迷惑をかける形になります。保育園を見てみると、ギリギリの人員で運営しているところも結構あります。そのような保育園で1人でも保育士を失ってしまうと大変です。

 

退職の相談を伝えるタイミング

代わりの人材を見つけると言っても、求人広告を出し、面接を行い入社してもらうまで、どんなに少なく見積もっても1か月かかります。そこで退職の相談ですが、遅くても1か月前、できることなら2~3か月前に伝えておくことが大事です。これくらいのスパンがあれば、皆さんの穴埋めをしてくれる人材も見つけやすいはずです。

 

引き継ぎに漏れなど無いようにする

皆さんが退職した場合、残ったほかの保育士が皆さんの仕事を引き継ぐことになります。この引継ぎですが、決して受け身で行わず自分主体で進めることが重要です。

多くの人が年度途中で退職するでしょう。この場合、引き継ぎの内容もどうしても多くなるからです。

 

スムーズに引き継ぎをするために

例えば、どのようなことを引き継がないといけないのか、リストアップしておくと良いでしょう。このように引き継ぎマニュアルのようなものをあらかじめ準備しておくと、スムーズに引き継ぎが進められるはずです。

 

引き継ぎが間に合わない時

よくある問題の1つとしては、引き継ぎの期間中に後継者がすべて覚えられない可能性があります。そのような時でも引継ぎノートのようなものを作成しておくと、あなたが職場を去った後でもそのノートを見ながら問題点を自分で解決できます。

後継者が無理なく仕事を引き継げるようにするためにはどうすればいいかを考えることです。

 

退職届を出して終わりでは無い

退職にあたって、退職届を出せばそれで完了すると思っている人もいるようですが、他にもやるべきことはたくさんあります。退職するにあたって、保育園へ返却するものもあれば、受け取るものもあるのです。

 

保育園へ返却するもの

正社員の場合、まず返却しなければならないものとして、健康保険被保険者証やIDカードをはじめとした身分関係の書類、通勤のために使っていた定期券、備品などがあります。

ボールペン1本でも保育園から支給されていたものであれば、返却しなければなりません。

 

保育園から受け取るもの

逆に保育園から受け取るものもあります。雇用保険被保険者証と離職票、年金手帳、源泉徴収票などです。このようなものも忘れずにきちんと受け取っておきましょう。

 

2.保育士が引き止めに合わない退職理由を事例で紹介

保育士退職引き止めされない

保育士が退職する場合、いきなり退職届を渡すのはマナー違反です。まずは直属の上司などに退職をしたい旨を伝える必要があります。この時「はいそうですか」とすんなりと退職を認めてくれる人はいないと思っておきましょう。

 

退職できるかは退職内容次第

保育園の場合、ギリギリの人数で回しているケースも多く、1人でも辞められたら困るというところは少なくないからです。このため「考え直してよ」のような慰留をされます。そして「なんで辞めたいの?」のような退職理由を聞かれます。この退職理由の内容次第で、円満退職できるかどうかが決まります。

 

退職理由は正直に答えなくていい

退職理由ですが、正直な理由を答える必要はありません。たとえば人間関係で悩んでいるとなれば、配置換えを行うからと言われてしまったり、その他にも給料が安いからなどを理由にしてしまうと、給料を引き上げると言われてしまったりします。

保育園側からすればどうにかして引き留めたいので、正直に理由を話すと改善することを提示してきます。結果、退職する理由がなくなってしまうのです。

 

退職理由を正直に話すとどんな問題が起こるのか

安月給を理由に退職を届け出たとして、残念ながら退職の意向は叶わずお給料をあげられてしまったとしましょう。そんな話がが同僚に流れるとどうなるでしょうか。「あの人、辞めるとゴネて給料を吊り上げようとしたらしい」といった悪い噂になって広まるかもしれません。

こんなふうに人間関係や給料の安さを理由にして止められたとしても、お互い気まずい感じになる可能性もあります。

 

相手の印象を損ねる理由は絶対に言わない

退職の意向は少なくても実際にやめる1か月くらい前に伝えるべきといわれています。逆に言えば退職の意向を伝えてから、少なくても1か月間は引き続き一緒に仕事をするわけです。

相手の印象を損ねる理由を言ってしまうと、1か月間肩身の狭い思いをしなければならなくなります。正直に退職理由を伝えることは、避けた方が無難です。

 

それなら退職理由はどうしたらいいの?

退職理由を考えるにあたって、「これ以上慰留をしても無駄」と相手に思わせることが大事です。やむを得ないとか仕方がないと思えるような理由を用意することが大事です。

 

健康上の理由を使う

たとえば健康上の理由であれば、引き続き仕事を続けることは難しいと思ってもらえるでしょう。1つの例として「慢性的な腰痛に悩まされている」などは、退職理由としておすすめです。

子どもを抱っこすることも頻繁にある保育士の場合、腰に負担がかかるのは合理性のある理由といえます。その他には結婚や妊娠も辞めるにあたって、相手に納得してもらいやすい方便でしょう。

 

家庭の事情を理由にする

その他には家庭の事情も仕方のないことと相手が思ってくれやすいです。たとえば結婚している人であれば、「主人がこのたび転勤することになって、一緒についていくことになった」であれば引き留めようがないです。

結婚していない人の場合、「両親が高齢で介護する必要が出たので実家に戻る」などの理由は説得力があるでしょう。相手を説得できるような弱点のない理由を準備することが大事です。

 

家庭の事情を理由にしたときの注意点

上で紹介した理由の中で、介護で実家に戻るとか主人の転勤の都合などは慎重を期す必要があります。特に自宅近くの保育園で勤務している場合、買い物などに出かけてかつての上司や同僚とばったり出くわすこともあります。「転勤で引っ越したのでは?」と思われてしまいます。

このように後々のことを考えて、相手を説得できる退職理由を考えておきましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか。立つ鳥跡を濁さずではありませんが、円満に退職するためには最終日は全員に挨拶をしておくことも何気ないことかもしれませんが大事です。こうすることで後々同僚と円満な関係を維持できますし、なにより心残りなく気持ちよく別れを告げられます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です