保育士 放課後デイサービス

保育士が放課後デイサービスへ転職をする時知っておきたいポイント

放課後等デイサービスとは、は障害をもつ子供を対象に保育を行うサービスを提供している施設のことです。障害を持つ子供を学童保育に預けようとしてもうまくなじめない、友達ができないといった問題を抱えやすいものです。そのため保護者は子供を預ける選択肢がなく仕事に就くことができない、さまざまな面で負担が多くなるといった問題を抱えています。

そうした問題を改善するため、障害を持つ子供が放課後に過ごすことができる環境を提供しているのがこの放課後等デイサービス、いわば障がい児向けの学童保育です。ここでは放課後等デイサービスに転職を考えてる保育士に向けて仕事内容含めお話します。

 

人気No.1保育士転職サイト

マイナビ保育士


1.放課後等デイサービスで働く保育士の仕事内容

保育士放課後等デイサービスで働く仕事内容

放課後等デイサービスの大きな特徴は障害をもった子供を預かる点です。そのため保育士の仕事内容も保育園や学童保育とはまた違った面が求められます。重要なのは単に子供の面倒を見るだけでなく教育・発達に深く関与する仕事が求められる点です。学童保育にもそうした面が求められますが、放課後等デイサービスの方がよりこの点が重視されます。

 

障害を持った子供が自立できるように訓練する

障害を持った子供が自立した生活を送ることができるための訓練がまずひとつ。これは保育士だけでなく他の指導員とも連携したうえで行っていくことになります。子供の精神的な成長、人格形成とも深く関わってくるので非常に重要な仕事となります。適度なサポートをしつつできるだけ自分で行えるよう促すさじ加減が求められます。

 

創作や作業に関わる活動を補助する

それから創作や作業に関わる活動。こうした活動を通して子供たちの感性の発達を促すとともに喜びや楽しみ、達成感といったものを味わう機会を提供します。加えて共同作業を通して社会性・協調性を身につけさせる機会としても重要です。

 

孤立感・疎外感を感じないように配慮する

障がい児はどうしても周囲に対して孤立感・疎外感を味わってしまうことが多いだけにこうした作業を通してそれを払拭していくのも大きな目的です。こうした仕事は保育士が得意とする部分ですが、ひとりひとりの障害の状態や精神状態にも配慮し、特別な配慮のもとで行っていくことが大事です。

 

地域交流の手伝い

もうひとつ、社会とのかかわりを重視した地域交流を行っている施設も多く、そのための準備も大事な仕事です。特別な行事なので日ごろの業務ではありませんが、障がい児が社会とのつながりを持ち続けるためにもとても大切な仕事です。

 

2.放課後デイサービスの保育士の一般的な1日のスケジュール

保育士一般的1日スケジュール

放課後等デイサービスで働く保育士は放課後に子供を預かる平日と、1日預かることもある土曜日や夏休み、冬休みなどの長期休暇によって勤務時間が異なりますが、基本的なスケジュールは共通しています。

 

14~15時くらいから送迎

まずは預かる子供の送迎。放課後に預かる場合には学校から送迎する形になります。時間帯は14~15時くらいから。遅くてもその1時間前には出勤して1日の準備を行っておくことになります。

 

個別に子供たちの保育

それから施設で子供たちの相手。学童保育と異なるのは子供ひとりひとりの健康状態、精神状態を考慮しながら個別に対応していく面が強いことです。看護師による健康チェックを行った後に個別に用意されたプログラムを実施し、機能訓練や創作活動などの遊びを取り入れながら行っていくことになります。

 

16時くらいから集団活動を重視した遊びやレクリエーション

16時くらいからは集団活動を重視した遊びやレクリエーションを行います。こうした行為を通して社会性や協調性を身につけていくわけです。その際にも学童保育以上にひとりひとりへのケアが求められます。また保育士だけでなく指導員と協力して行っていくことも大きな特徴でしょう。

 

すべての予定終了後、ひとりひとりの自宅にまで送迎

そして1日のすべての予定が終了したらひとりひとりの自宅にまで送迎となります。この作業が終わったら施設で後片付けと反省会、最後に戸締りをして終了となります。基本的な業務内容は学童保育と共通していながら、障害を持つ子供を相手にする施設ならではの配慮や目的が1日の中に取り入れられているのが、放課後等デイサービスの大きな特徴です。

 

3.放課後等デイサービスへ転職するメリット

保育士放課後等デイサービス働く・転職メリット

保育士が放課後等デイサービスで働く・転職するうえでの最大のメリットはやりがいを感じられる点でしょう。障害を持つ子供を相手にしてひとりひとりの保育を行うのは大変ですが、その分やりがいを感じることができます。

 

子供ひとりひとりと深く接する機会が多い

学童保育に比べて子供ひとりひとりと深く接する機会が大きくなるのも魅力です。保育士としてのやりがいを何よりも重視している人にとってはよい環境となるでしょう。社会に貢献している、社会奉仕に携わっているといった満足感を得られるのもポイントです。

 

アットホームな雰囲気で働くことができる

学童保育に比べて規模が小さいためよい意味でアットホームな雰囲気で働くことができる点もメリットでしょう。ひとりひとりの子供に目が行き届かない、あるいはあまり来る機会がない子供もいるといったことが少なく、親密な雰囲気の中で子供たちと信頼関係を築いていくことができます。預かる子供の年齢層も広いのでよい経験にもなります。

 

働きながらキャリアアップの機会を窺える

機能訓練や集団生活などに関わるプログラムを指導員とともに取り組む機会があるため、将来的に指導員の分野にチャレンジしたいと思っている方にはよい経験を積むことができます。働きながら経験を積みつつキャリアアップの機会を窺うことができるというわけです。

 

安定した就業環境で働き続けられる

将来的にニーズの増大が期待できる分野でもあり、安定した就業環境で働き続けられる職場といえるでしょう。ニーズの増加に合わせて施設ごとに個性的なプログラムの実践を目指す動きが進んでおり、保育士ひとりひとりがそのスキルや知識を活かせる機会が増えている面もあります。

 

4.放課後等デイサービスへ転職するデメリット

保育士放課後等デイサービス働く・転職デメリット

保育士が放課後等デイサービスで働く・転職するうえで感じるデメリットはメリットと背中合わせにある面もあるので自分との適性なども考慮したうえで判断していくことが大事です。

 

障害を持つ子供ひとりひとりへの細かなケアが必要

まず仕事が大変なこと。やりがいでもあるわけですが、障害を持つ子供ひとりひとりの健康や精神状態を配慮したうえで細かなケアを行っていく必要があります。その分責任が重くなりますし、場合によっては一人の子供に対して重点的なケアを行わなければならないケースも出てきます。

 

パニックや集団行動に問題が生じた時の対応は特に難しい

パニックを起こしてしまった子供や集団行動の際に問題が生じた際にはとくに難しい対応が求められます。こうした点をやりがいと感じられるかどうかがこの施設で向いているかどうかを決める重要な境界線ともなるでしょう

 

ひとりひとりの発達状況を把握したうえでのケアが必要

それからひとりひとりの発達の状況を把握したうえでのケアが必要になること。細かなケアとも共通しますが、全員に同じアプローチで接するわけには行かず、話し方など細かい段階からひとりひとりに適したアプローチで接していく必要があります。そのため保育士としてのスキル・経験だけでは十分フォローできない部分があり、必要な面を実務を繰り返しながら身につけていくことになります。

 

働きながら覚えなければならないことが多い

指導員と一緒に活動することも多く、働きながら覚えなければならないこともたくさんあります。この点もキャリアアップに役立つとプラスに考えるか負担が多いとマイナスに考えるかで評価が異なってくるでしょう

 

求人も少ない

他には求人そのものが少ないといったデメリットもあります。こうした点を踏まえたうえで自分に向いた職場なのかどうかを見極めてみましょう。

 

5.放課後等デイサービスの求人のチェックポイント

保育士放課後等デイサービス転職注意求人条件

放課後等デイサービスに転職を考える際にはまず保育士としてどのような役割が求められるのかを確認しておきましょう。この施設では保育士としてのスキル・知識に加えてさまざまな知識が求められることもしばしばです。それに対応できるかどうか、働きながら身につけていける環境かどうかが大事なのです。

 

負担が少なく仕事を覚えやすい小規模の施設がおすすめ

まず施設の規模。できれば小規模の方が負担が少なく仕事を覚えやすいのでお勧めです。経験がある保育士、指導員がどれだけ在籍しているかも見ておきたいところです

 

働くスタッフの質にバラつきがある

放課後等デイサービスは近年になって需要が増加している施設ということもあって施設ごとに働くスタッフの質にバラつきがある面もあります。経験豊富な保育士が活躍しているところと、キャリアが浅い保育士ばかりのところでは環境もずいぶんと異なってきますから、できるだけ早く仕事になじみやすいかどうかを条件に選んでみましょう。

 

施設が独自のプログラムは自分に向いているか

それぞれの施設が独自のプログラムを行っているケースも多く、その内容が自分に向いているのかどうか、やりがいを感じられるかどうかも見ておきたいところです。こうした情報は求人情報だけではなかなか入手するのが難しいので施設のホームページや保育士転職サイトからの情報もうまく活用しましょう

 

勤務時間と休日の問題

求人の条件ではもうひとつ、勤務時間と休日の問題があります。とくに土曜日は1日中子供を預かる施設が多いため、土日を休みたいという方は要注意です。また夏休みをはじめとした長期休暇でも1日中預かることになるのでシフトの状況などを見ておく必要があります

 

6.放課後等デイサービスの保育士求人の探し方とコツ

保育士放課後等デイサービス求人探し方とコツ

保育士が放課後等デイサービスへの転職を目指す際に最初の難関となるのが求人情報探しです。近年ニーズが増加しているとはいえ施設の数はまだまだ限られており、求人を探すことそのものがひと苦労なのです。どの施設も比較的小規模なので募集する機会も少ないですし、自宅から通勤できる範囲で見つけられるかどうかも難しい問題です。それだけに時間をかけてじっくりと探していくことが大事です。

 

地元にどれぐらい施設があるのかネットで探す

この施設からの保育士求人を探す場合にはまずネットで地元にどれぐらい施設があるのかどうか調べてみましょう。通勤できる範囲でなければいくらよい求人があっても意味がありませんから、選択肢がどれだけあるのかをまず確認しておくわけです。そのうえでよさそうな施設があればホームページを覗いてみましょう。

 

採用情報の掲載と施設の環境・就業形態をチェック

採用情報が掲載されていないかどうかを確認するとともに、その施設がどのような環境で、保育士がどういった形で働いているのかをチェックする上でも大事です。こうした点は求人情報ではなかなか入手できないので補足情報として役立てましょう。自宅近くにある場合には直接訪れて求人の貼り紙がないかどうかも見ておきたいところです

 

保育士転職サイトをうまく活用する

広く情報を探すコツは限られた情報をピンポイントで入手できるかどうかです。そのためにも保育士転職サイトをうまく活用しましょう。一般公開の求人サイトでは見つけることができない非公開求人はもちろん、転職サイトの担当者による求人の紹介、さらには職場の詳細な情報なども利用して少しでもよい求人を多くゲットできる環境づくりを目指していけばその分チャンスが広がることでしょう

 

まとめ

放課後等デイサービスの対象となるのは6歳~18歳までの障害を持つ子供です。放課後「等」となっているのは学業終了後だけでなく夏休みなどの学校の長期休暇の際にも利用できるからです。放課後デイサービスはクラス全体と言いうよりも子どもたちひとりひとりと深く関わる仕事になります。加えて一緒に働くスタッフもいるわけですから、自分に見合った良い環境の施設を探すことはとても大切になってきます。他の保育園と比べたら確かに大変なことは多いですし、毎日が同じようにいかないことだらけですが、保育士としてのやりがいは比べ物にならない程感じられます。放課後等デイサービスへの転職を考えているのであれば、是非参考にしてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です