保育士が面接に受かるためのマナー

保育士が面接に受かるためのマナーと面接時の質問と回答

保育士が転職するにあたって面接試験を受けるのは不可避です。面接試験を受けるにあたって大事なのは、マイナスの印象を与えないことです。そのためには、面接の最低限のマナーを守るように心がけましょう。ここでは、面接の準備~実際の面接にいたるまでに、必ずおさえておかなければならないマナーを見ていきます。

 

人気No.1保育士転職サイト

マイナビ保育士


1.面接の事前準備

面接の事前準備

保育園の募集に応募したところ書類選考が通って、面接試験を受けることになった場合、事前準備をしておきましょう。

 

できるだけ保育園に関する情報を収集しておく

まず保育園のことをしっかり理解することが大事です。たとえば保育方針とか1日の流れなどを確認しておくと、その保育園での就職意欲をアピールできます。

 

持ち物は前日までに全て揃えておくこと

面接試験を受けるにあたって、いろいろと持参するものがあるはずです。メモをするための紙や筆記用具、その場で履歴書を提出するところもあるのでその場合には履歴書などです。このような持ち物の準備は前日までに行っておきましょう。当日確認をして持ち物が見当たらないとなるとパニックになってしまうからです。

 

面接の前日は早めに眠って充電しておくこと

面接を控えて緊張してなかなか眠れないという人も多いです。そこで夜更かしをすることなく、何もすることがなければ早めにベッドに入って、できるだけ睡眠時間を確保できるようにしましょう。睡眠不足だと体に堪えますし、注意力散漫となって、面接試験で思わぬミスを誘発するからです。

 

2.面接時の服装や身だしなみについて

面接時の服装や身だしなみ

保育士が面接に臨むにあたって、どのような格好をすればいいかわからないという話をしばしば耳にします。それでは、保育士が面接の時に必ず配慮すべき身だしなみについて見ていきましょう。

 

面接時の服装について

まず服装に関してですが、大規模な社会福祉法人や企業の運営する保育園であれば、スーツ着用が基本だと思いましょう。スーツもいわゆるリクルートスーツで、黒や紺、ダークグレーのようなオーソドックスなものを選ぶことです。

 

スカートにするべきかパンツにするべきか・・・

面接試験で女性保育士の場合、スカートが良いのかパンツが良いのかで迷う人もいるようです。どちらでも構いませんが快活な印象を与えたいのであれば、パンツがおすすめです。パンツをはく場合にはタイトな感じのものをチョイスしましょう。スカートの場合には膝丈を目安にして、あまり露出度の高いものは避けた方が無難です。

 

スカートの場合はストッキングの予備を必ず持参して!

スカート履く場合にはストッキングが必要ですが、肌の色に近いものを選ぶことです。もしかすると移動中に伝線してしまう恐れもありますので、予備を持参しておいた方が安心です。

 

メイクと髪型について

メイクに関しては、ナチュラルメイクを心がけましょう。あまりに派手な格好だと子ども相手の仕事をするのには不自然です。

また、髪型をきちんとセットするように心がけましょう。髪の毛が乱れていると、どうしてもだらしない印象になって面接試験ではマイナスです。セミロングやロングヘアの人は、アップをするとかポニーテールのように髪の毛をまとめることです。また髪の毛を前に下ろしているとどうしても表情が見えにくくなります。明るい印象にするためにも、おでこは出しておきましょう。

 

髪の色はダークブラウン~黒色で

髪の毛の色ですが、黒髪が基本です。しかし若い女性を中心として染めている人も多いので、ダークブラウン程度であれば問題はないです。ただしあまりに明るすぎるブラウンはマイナスの印象を与えてしまうので、染め直しておきましょう。

 

3.面接に向かう時~面接中の具体的な注意点

面接向かう時面接中注意点

まず何よりも大事なのは、時間を厳守することです。前もって面接会場に向かって、移動にどのくらい時間がかかるのかチェックしておきましょう。

 

遅刻が分かったらすぐに連絡!

しかし、どれだけ注意しても当日電車が遅延などをして、時間通りに間に合わないこともあるでしょう。その場合には時間に間に合わないと分かった時点で、携帯電話を使って先方に連絡することが必須です。

 

到着したらすぐに携帯電話の電源をOFF!

面接会場に到着したら、まず携帯電話の電源を切っておきましょう。マナーモードなら大丈夫ではないかと思う人もいるでしょうが、バイブが響く可能性もあるので注意しないといけません。

 

質問に答える時は丁寧にハキハキと!

面接は面接官の質問に答える方式で進められます。質問に答えるときには、ハキハキと元気のある感じで答えるように心がけましょう。子どもと一緒になって遊んだり、大きな声で指示を出したりする必要があるので、明るく元気のある保育士を保育園は求める傾向があるからです。緊張しているとどうしても早口になりがちなので、意識してゆっくり丁寧に話すように心がけましょう

 

一挙一動が見られている意識を忘れずに

面接試験を受けるときに面接会場にいるときだけが試験と思っている人もいるでしょう。しかし保育士の面接は保育園で行われることが多いです。つまり保育園に一歩はいったら、将来一緒に仕事するかもしれないスタッフや面倒を見ることになるかもしれない子どもたちとすれ違う可能性は十分あります。

 

最後まで気を抜かないこと

この時の態度などもしっかり見られていますから、保育園に一歩入ってから出るまで全部が面接試験であるという意識を持って、緊張感を持って立ち振る舞うことです。挨拶をするとか会釈をするといった社会人として必要なマナーを決して忘れないようにしましょう。

 

4.保育士転職時の面接で聞かれる定番の質問とベストな回答

保育士転職面接定番の質問

保育士の転職の面接でほぼ確実に聞かれるであろう質問に、「前のところはなぜ辞めましたか?」がというフレーズが必ず出されます。これは採用しても同じような理由でまた辞めてしまうのではないか確認する意味合いで聞かれます。

 

前の職場を辞めた理由を聞かれた時の好ましい回答

この時前向きな回答、具体的には「園児一人一人ともっと丁寧にかかわりたいと思ったから」というようなものが好ましいです。園長や同僚に対して不満があったとしてもそのように回答してしまうと、「あなたにも問題があったのでは?」と思われかねません。

 

志望動機を聞かれた時の好ましい回答

また、この保育園を志望した動機についても、確実に聞かれるでしょう。この場合の理想的な回答は、保育園にしかない魅力や特色を紹介して説明することです。よく保育士になりたい理由と混同している人も多いですが、これだと「別の他の保育園でも良いのでは?」と思われてしまいます。その他には給料が良かったからとか休日が多かったからという理由の方もいるでしょうが、そのままストレートにこれらを志望動機に持ってくるのも避けた方が良いでしょう。

 

モンスターペアレントに対する意見を聞かれたら・・・

最近多くの保育園で聞かれる質問として、モンスターペアレントに対する対応があります。保育園でもモンスターペアレントの問題はしばしば聞かれます。こちらの質問ですが、絶対的な回答はないです。どのような回答をするかよりも、自分なりの考え方を持っているかどうかが大切です。ただ単に対応方法を話すのではなく、どのような心構えで対処するかも説明できると面接官の心証もアップするでしょう。

 

保育士になったきっかけを聞かれた時の好ましい回答

また保育士になったきっかけに対して質問するところも多いです。保育士は大変ですが、その反面で給料はあまり良くありません。そこで保育に対してどのような思いがあるのか知りたいのです。子どもが好きという回答に落ち着くでしょうが、それではありきたりです。そこで子供のどのような所が好きかまで話すと、相手の印象に残りやすくなります。

 

5.保育士の面接時に質問していいこと・悪いこと

保育士面接質問いいこと悪いこと

保育士の面接は面接官から質問されるので、それに対して回答することで進められます。しかし、面接の最後に「何か質問はありませんか?」と逆に聞かれることがあります。この時のために質問をあらかじめ準備しておきましょう。逆質問で確認しておきたいことを確認できますし、質問の内容によっては保育園に対する関心の高さをアピールできるかもしれません。

 

わざわざ聞かなくても分かることは質問しない

この質問で良い質問と悪い質問があります。悪い質問の典型例として、ちょっと調べればわかることがあります。たとえば保育園のホームページなどを確認すればわかることなどがそれに値します。このような質問をすると「きちんとこちらのことを理解していない」とか「質問がなかったので無理やりしているのでは?」と思われてしまいます。

 

調べたことを深く掘り下げる質問ならOK

しかしホームページに乗っていることを深く掘り下げるような質問であれば、好印象につながります。たとえば、地域の老人会と交流している保育園の場合、「具体的にどのような取り組みをしているのですか?」とか「どれくらいの頻度で交流しているのですか?」のような質問をしてみると良いでしょう。

 

労働条件は露骨に聞きすぎない

また、他の悪い質問の例として、労働条件に関するものもあります。給料やボーナス、残業に関する質問は面接官の印象を損ねる恐れが高いです。確かに働くにあたって、誰もが気になる条件かもしれません。しかし「保育や職務内容よりも条件が大事な人」というレッテルを貼られてしまうかもしれません。

 

面接官の話に興味を持って質問を投げかけると好印象

質問は事前に準備しておいた方が安心です。しかし面接の流れによっては、その場の思いつきの質問をあえてしてみる方法もあります。たとえば面接のときに盛り上がった話題があったとしたら、それに関する質問をぶつけてみるのも一つの方法です。面接官は応募者のことをもっと深く知って、一緒に働きたいかどうかを見極めたいという意識を持っています。そこで面接の内容を深める質問を持ってくると、面接官は良い印象を持ってくれるでしょう。

 

質問する歳の注意点

質問をする際には「はい」「いいえ」で簡単に終わってしまうものではなく、話を広げられそうな話題を持ってくるのもおすすめです。

 

まとめ

面接中のアピールも大切ですが、基本的なマナーや清潔感ある身だしなみも、一社会人として必ず配慮していかなければなりません。ここに書いてあるマナーをしっかり守って、面接官に好印象を与え、ぜひ希望の保育園へ勤められるようにしてください。

面接の質問に関しては述べた通り、どこの保育園に面接に行ったとしても、大体は同じようなことを質問されることが多いでしょう。そのため、面接に挑む保育士が一番注意すべきは「いかに面接官に好印象を与えるか」ということです。数ある保育園の中から、せっかく興味のある保育園を見つけたとしても、面接で好印象を与えることができなければチャンスを棒にふってしまうことになります。面接の流れが大体決まっていることを逆手にとって、面接を成功させてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です