加配保育士 役割

加配保育士とは?役割・なるための方法について

加配保育士とは、障害児など特別な配慮が求められる子どもに対し、必要なケアを行いながら保育をする保育士をいいます。

知的障がいや肢体不自由児、難聴、重症心身障害児などの障がいがある子どもは、他の子どもたちと同じテンポで行動するのが難しく、周りの子と仲良くできないことがあります。

他の園児を叩いたり、勝手に教室から出て行ったりすることもあるため、その子につきっきりで世話をする保育士が必要になります。この役割を担うのが加配保育士です。

詳しく見ていきましょう。

 

ちょっと補足!

保育士へのポイント

子どもが保育施設などで加配を受けるためには、原則としてその子供が、障害者手帳をもっていることが条件となります。

しかし現場では、障害者手帳を持っていない子に対しても、保育園側が加配が必要だと判断したら、加配保育士を付けるケースもあります。

 

1.加配保育士の役割について

園児と保育士

加配保育士に最も求めるのは、加配が必要な子供が暴力をふるって他の園児にケガをさせたりすることがないよう、しっかりと見ることです。

彼らは、自分の気持ちが思うように相手に伝わらないと、ついお友達をたたいてしまうといった行動に出ることが多いため、トラブルにならないよう注意してあげる必要があるのです。

 

障害のある子供のそばについて指示を出す

障害のある子供の場合、保育士の指示をすべて理解するのは難しく、たとえ理解できたとしてもみんなと同じテンポで行動できないことも多いものです。

そのため、加配保育士が常にそばについて「次はこれをしようね、あれをしようね」と指示を出してあげる必要があるのです。
 

他の子供達とも仲良く過ごせるように仲立する

加配保育士は、障害のある子供達が他の子供とも仲良く過ごせるように仲立し、彼らが保育所で楽しく過ごせるように配慮します。

そのため、結果的には、障害のある子供をフォローしながら、他の園児たちの保育も平行して行うことになります。
 

保護者に保育園での様子を報告する

加配保育士は、担当の子供の保護者に対し、「今日はこんなことがありました」ということを毎日詳しく報告する必要があります。

障害児の保育にあたっては、保護者と保育士との信頼関係が何よりも大切だからです。

保護者と二人三脚がとれてこそ、対象の子供にとって最適な保育が提供できるのです。

 

福祉・行政機関の橋渡しを行う

このほかにも加配保育士は、福祉・行政機関の橋渡し役という役割も担います。

子どもの福祉支援について、自治体や役所の相談員などと連携しながら保育に当たりますから、多職種の人と協力できるコミュニケーションスキルが求められます。

 

2.加配保育士になるには?

疑問をもつ女性

加配保育士として働くためには、保育士資格があれば十分です。その他、特別な資格は必要ありません。

ただし、加配が必要になった場合に臨時採用されるため、正規雇用で働いている人が極端に少ないのが特徴です。
 

都道府県の臨時職員として加配保育士の募集を探す

加配保育士は公立の保育園などの場合、都道府県などの地方自治体から派遣されるケースが一般的です。

一般的な公立保育園の場合、加配が必要な子どもが毎年入園するというケースは少なく、長期的雇用ができないのが現状です。

このような状況ですから加配保育士の求人をさがす場合、都道府県の臨時職員として加配保育士の募集を探したり、ハローワークで確認したりと、何かと手間がかかります。

 

保育士転職サイトに登録する

上記のように転職活動に手間暇をかけて探しても、募集人員は1人というケースが大半ですから、なかなか採用に至らないのが現状です。

そのため、加配保育士の求人を探すなら、保育士転職サイトに登録して、転職サイトの担当者にも相談するようにしておきましょう。

タイミングが合えば、正規雇用のある私立の保育園や給与待遇が良い求人など、希望に合わせた求人を紹介してくれます。

 

まとめ

加配保育士は障がいのある子どもに対して、適切な支援を行いながら保育業務を行います。このため加配保育士には福祉や障がい、子どもの発達についての知識が不可欠です。

加配が必要な子供経ちは思いがけない行動をすることも多く、加配保育士はケースバイケースで臨機応変な対応をしながら、園全体の子供たちの安全に配慮しなければなりません。

また、保育者としての役割、福祉支援者としての役割、障がい児の味方としての役割、子どもの安全を守る保護者としての役割など、さまざまな役割が求められることも覚えておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です