保育園の園長に転職するためには?仕事内容や給与は?

保育園の園長に転職するためには?仕事内容や給与は?

保育園の園長になるためにはどんな方法があるでしょう。園長の仕事内容は何があるか、どんなやりがいを感じるのか、平均給与はどのくらいかを解説します。園長の仕事は多岐にわたっていて毎日大忙しですがその分やりがいも多いはずです。給与は保育士と比べてどのくらい違うのでしょうか。また、園長になるための方法も紹介します。

 

1.保育園の園長の仕事内容とは

保育園の園長の仕事内容とは

保育園で働く園長はその園の責任者ということになるため、園の運営や管理、その他保育士の管理や指導を全般的に行うことになります。

 

シフト管理や経費の管理

園の管理に関しては、保育士がシフト勤務をしている所なら、そのシフトやローテーションを決めるのは園長のお仕事になりますし、給料や出張費の計算など経費に関する仕事をするのも園長の役割となります。

 

認可保育園では補助金交渉の仕事もある

認可園では行政からの補助金が出るので、それについての交渉をすることも、園長の仕事内容となっています。

 

味や素材を確認する検食

保育園の運営に関しては、毎日だされる給食をチェックして、味や素材を確認する検食の作業も園長の仕事となっています。

 

入園対応や保育士の採用

入園してくる子供や保護者への対応をしたり、保育士が必要になった時には採用を行うこともまた、園長に任せられている仕事内容となります。

 

電話応対や外部への対応

園にかかってくる電話対応も基本的には園長の仕事ですし、会議に出席したり、園を訪れる保護者からの相談に対応することも園長の仕事となります。

 

園だよりの最終チェック

保育士が作成する園だよりを最終的なチェックをすることも園長の仕事となるため、事務的な作業がとても多くなります

 

ポイント

保育士へのポイント

園長の仕事を簡単に言い表すならば、園の全てに関する責任者であると同時に、その園の窓口的な存在にもなるため、毎日のお仕事は大忙しとなることが多いようです。

 
 

2.保育園の園長のやりがいとは

保育園の園長のやりがいとは

保育園の園長がやりがいを感じられる場面はたくさんあります。

 

保育士や園児や保護者からの感謝の声

働く保育士たちが笑顔で出勤して笑顔で退社していく姿を見ると、今日一日頑張ってよかったなと思うことができますし、保育園に通っている子供や保護者から「ありがとう」と声をかけられるだけでも、園長として頑張っていてよかったなとやりがいを感じることができます。

 

行政機関やコミュニティからのプラスの評判

行政機関やコミュニティから、保育園についてプラスの評判を聞いたりすると、園長として頑張って来て嬉しいと感じるものですし、大きな満足感や充実感、達成感ややりがいを感じることができます。「あの園は人気があるのよ」なんて話を聞くと、園長としてはとても嬉しい気持ちになることができるのです。

 

スタッフが働きやすい環境を作ることはやりがい

園長は保育士としてもベテランなわけで、保育士が働く環境や保育士同士の人間関係なども管理運営していくことになります。スタッフにとって働きやすい環境を作ることは、園長にとっては大きなやりがいを感じることができるきっかけにもなるようです。

 
 

3.保育園の園長の平均給与とは

保育園の園長の平均給与とは

保育園の園長のお給料は、その園によって異なりますが、園長としての経験がある人なら月収にして30万円以上が基本となり、経験がない米園長の場合だと、お給料は少し下がって25万円程度~となっている園が多いようです。

 

認可園の場合は自治体によって給料は大きく異なる

園長を含めて保育士などスタッフのお給料は認可園の場合には、保護者からの保育料や行政からの補助金などでまかなわれているため、公立の保育園でもその自治体によって園長のお給料は大きく異なります。

 

公立保育園の園長でも年収1000万円という所もある

月収30万円を年収にすると平均で400万円~500万円となりますが、地域やエリアによっては公立保育園の園長でも年収1000万円という所もあります。

 

ポイント

保育士へのポイント

園長の平均給与が高い園だと、当然ですが園長はなかなか離職しないため、そのポジションの求人募集はなかなか出てきませんし、園長のお仕事は、保育士にとっては最終ゴールとなることが多いので、その園長が定年退職するタイミングで求人募集が出ることになります。高給を稼ぐ園長のお仕事をゲットすることは簡単ではないのです。

 
 

4.保育園の園長になる方法とは?

保育園の園長になる方法とは

保育園の園長のお仕事の求人募集はあまり見かけることがありません。その理由は、非公開求人として取り扱われていることが多いからです。

非公開求人というのは、人気があるお仕事やキャリア系のお仕事に多く適用される求人募集の種類で、公開求人のみを紹介しているハローワークでは見つけることができません。

 

保育士転職サイトに登録して非公開求人を紹介してもらう

非公開求人の多くは、転職サイトなど会員制の所で紹介してもらうことができるので、保育園の園長になりたい場合にはまず、保育士のお仕事をたくさん取り扱っている転職サイトへ登録することから始めましょう。

 

こまめに保育士転職サイトをチェックしてタイミングを逃さない

保育園の園長のお仕事は、一つの保育園に一つのポジションしかないため、絶対数が少なく、離職率もそれほど高くないため、求人募集を見つけることは簡単ではありません。こまめに転職サイトをチェックしながら、タイミングを逃さないように見つけることが必要となります。

 

認可園で働きながら園長になれる可能性を探る

保育園の内部で園長になる人材を選出することもありますから、認可園で働きながら園長になれる可能性がある職場かどうかを探るという方法もアリです。

 

園長になるためには特別な資格は必要ない

保育園の園長になるためには、特別な資格が必要というわけではなく、認可園で保育士として働いていた経験がある人なら誰でも応募することができます。

 

園長経験者は待遇アップが期待できる

もちろん、園長経験がある人なら採用されやすくなりますし、経験者ということで待遇がアップすることも期待できます。

 
 

まとめ

保育園の園長の仕事は多岐にわたっています。仕事量が多いので効率的にたくさんの仕事を同時進行で勧められるようなスキルを持っている人におすすめのお仕事と言えるでしょう。ただ園長の仕事はなかなか求人募集が出ないので、園長への転職は簡単ではありません。上記にまとめた方法を参考にしてみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です