保育 がうつ病 理由 予防法 対処法

保育士がうつ病になる理由は?オススメの予防法と対処法も解説!

世間の保育士のイメージとは裏腹に、実は保育士の中でも「うつ病」になる人は非常に多いのです。この記事を読んでいる保育士の方も、思い当たる節が沢山あるのではないでしょうか。

このページでは保育士がうつ病になる理由や、オススメの予防法・対処法について解説していきますので、心がモヤモヤして「私ってうつ病かも」と不安になっている保育士の方や、同僚の保育士が「うつ病」になりそうで心配な方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.保育士がうつ病になる理由

保育士 うつ病 理由

保育士がうつ病になる代表的な理由は以下の通りです。

  • 仕事の責任の重さやプレッシャーに耐えられない
  • 子供・保護者・スタッフの対応に神経が磨り減る
  • 腰痛や背部痛などの体調不良

保育の現場は常に緊張感が高いものです。また、スタッフらとの人間関係トラブルも絶えず、気を付けないと誰でも「うつ病」に陥ってしまうリスクがあるのでしょう。

 

仕事の責任の重さやプレッシャーに耐えられない

うつ病になりやすいと言われている保育士のお仕事は、小さな子供達が怪我をしたりしないように命を預かる重大な責任を持っているため、子どもたちに対して笑顔を振りまきながらもいつも真剣勝負で働かなければいけません。うつ病になりやすい理由の一つには、そうした責任感の重さやプレッシャーに堪えられず、精神的なバランスを崩してしまうことがあげられます。

 

子供・保護者・スタッフの対応に神経が磨り減る

保育士のお仕事は、子供達とのコミュニケーションはもちろん大切なのですが、保護者とのコミュニケーションもとても大切です。中には、扱いにくい子供ももちろんいますし、保護者の中にはモンスターペアレンツもいたりしますから、日々のストレスは想像を絶するものがあります。それだけではなく、保育園は小さな職場となっているため、スタッフ同士の人間関係もまた、保育士の神経をすり減らしてしまう理由となります。

 

腰痛や背部痛などの体調不良が引き金になることもある

保育士のお仕事は小さな子供達を相手にして外を駆けまわったりすることが多いですし、小さな子供だとおむつ交換などがあって、常に前かがみで作業をしなければいけないこともたくさんあります。そのため、腰痛になってしまったり、背中が痛くなったり体調を崩してしまう人は少なくありません。これらの理由が重なることによって、保育士はうつ病を発症しやすいのだと言われています。

 

ポイント

保育士へのポイント

精神的なバランスを崩さないためには、仕事のメリハリをつけるように工夫し、ストレスは溜め込まないように心がけることも大切ですし、最悪の場合には転職するという方法も解決策の一つです。

 
 

2.保育士のうつ病を予防する方法

保育士 うつ病 予防方法

保育士がうつ病にならないためには、あまり物事を神経質に考えすぎたり、几帳面にとらえすぎたりする性格を変えることから始めてみてはいかがでしょうか。生まれ持っての性格を変えることは大変ですけれど、考え方やモノのとらえ方を少し工夫するだけでも、うつ病予防には効果的です。

 

日常的にストレスを溜め込まない工夫をする

日常的にストレスを溜め込まないこともまた、うつ病予防効果があります。ストレスは誰でも感じるものですし、自覚症状がなくても体内にはストレスでいっぱいということは珍しくありません。愚痴などはできるだけ溜め込まずに友達や親に聞いてもらい、日記をつけて吐き出す習慣をつけることも良いでしょう。
 

一人カラオケやバッティングセンターでストレス発散!

一人カラオケに行って大声で普段のうっ憤を歌にぶつけてみるのもおすすめです。バッティングセンターなども良いですし、サンドバッグに向かって思い切りパンチをかますというのも大きなストレス解消効果が期待できるので、うつ病予防につながります。

 

頻繁に、泣く習慣をつけてみる

泣くことも、実はうつ病予防の効果が期待できます。感動の涙とか嬉しい涙などには、ストレスを感じると発生する活性酸素がたくさん含まれているので、体内のストレスレベルを下げることができます。感動的な映画を見て、ドキュメンタリーを見るなどして、頻繁に泣く習慣をつけることも良いかもしれません。涙もろい人は、その習慣をぜひ維持してうつ病予防に努めることも良いのではないでしょうか。涙の量はたくさん出なくても良いので、こまめに涙が出る機会を持ってみてください。
 
 

3.保育士が「あれ、私うつかな?」と思った時の対処法

保育士 うつ病 対処法

どんな人でも、楽しいなと感じる日もあれば、なんとなくつまらないなと感じる日もあるものです。しかし通常の場合には、つまらないな、なんとなく鬱だなと感じても、そういう日がずっと長く続くわけではありません。うつ病の場合には、そうした暗い気分で過ごす日が2週間以上続きますし、普段は楽しいなと思えることをしても楽しいと思えなかったり、やる気がなくなって体に力が入らなかったり、食欲がなくなるなど、自覚できる症状もたくさん現れます。
 

とにかく体を休めて疲れを取ってあげる

もしも自分が「うつ病かな?」と感じたら、最初にすることは、とにかく体を休めて疲れを取ってあげることが必要です。保育士のお仕事は毎日たくさんの子供に対応するために体力的にもハードなお仕事ですが、疲れていると精神バランスは崩れやすくなりますし、ストレスや疲労が行き場を失ってしまいます。

 

睡眠時間は最低でも7時間は確保しよう

夜はしっかり睡眠時間を確保して、最低でも7時間はグッスリ眠れるように工夫すると良いでしょう。また、子どもたちがお昼寝している時間帯などには、できれば自分も少し休憩できるようにスケジュール管理することもおすすめです。
 

1日5分でも10分でも良いので趣味に没頭できる時間を作る

ストレス解消することも大切です。趣味がある人は、1日5分でも10分でも良いので趣味に没頭できる時間を作ると良いですし、リラックスできるお風呂に使ってホッとするだけでも効果的です。カラオケに行って大声で歌ってストレスを発散するだけでもスッキリすることができます。仕事でストレスを感じやすい人は、園児たちや仕事のことを考えない時間を作ることも効果的です。
 
 

まとめ

どんな仕事にしても大変なことはあるものです。また、働いていれば誰だって「うつ病になりそう!」と思い悩んでしまう時もあるでしょう。すぐに忘れられる程度のものであれば問題はないのですが、もしこういった状況が長期間に及ぶ時は要注意です。身体と心が動かなくなってしまう前に、早め早めに対応していくようにしましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です