保育士 園長

保育園の園長の仕事内容・やりがい・転職注意点について

保育園の園長は保育士にとってキャリアの最高到達点ともいえる役職です。保育園のトップとして経営に深く関与するとともにその評判が保育園そのもののイメージを決める面もあります。

実際園長の評判で子供を預ける保護者は非常に多く、いわば保育園の「顔」としての面を備えています。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

1.保育園の園長の仕事内容

保育園の園長の仕事内容

保育園の園長の仕事のほとんどは事務関係のものです。その意味では園児と接する保育士とはまったく異なる環境で仕事をしているといえるでしょう。

その一方で現場の保育士が力を発揮し、相応しい保育が行われるかどうかは園長の手腕にかかっているといっても過言ではありません。

 

保育の経営面の交渉を行う

仕事内容ではまず経営面が挙げられます。保育士をはじめとしたスタッフの給与やボーナスの設定はもちろん、保育園の経営に必要な資金の確認と管理、さらに補助金の申請などを行います。

その際には理事など経営陣との交渉も行われるのが一般的です。

 

施設の安全と衛生の管理を行う

施設の安全と衛生の管理。保育園はちょっとしたことで園児が怪我をしたり、お腹を壊したり、健康に問題を抱えるリスクがあるため園長がこの点に関して責任を負うことが求められます。

本人が確認するだけでなく、定期的に業者に点検してもらうための手続きや交渉なども行います。

 

園長のその他の仕事内容

行事を開催で他の保育園や施設と交流する時の交渉や保護者との話し合い、クレームへの対応、保育士の新規・中途採用の最終的な決定権なども大事な仕事内容となっています。

 

 

2.保育園の園長のやりがいと負担

保育園の園長のやりがいと負担

保育園の園長の最大のやりがいは「自分がいなければ保育園が機能しなくなる」という責任感のもとで日々仕事を行う点でしょう。

また、自分の努力や工夫次第で保育園の環境や保育士の待遇をよくすることができる点も大きなやりがいです。

 

保育士の給与確定や予算決定などの権限を持っている

保育士をはじめとした園で働くスタッフの給与の決定や、経営のための予算を最終的に決める権限を持っていることも多く、理事会との交渉や補助金の獲得など、園長の手腕によって保育環境が充実させることができるのです。

 

園長の手腕によって保育環境が変わる

保育士たちがやりがいと誇りを持って仕事に向き合える環境を整えるのも園長の大きなやりがいです。現場の声をつねに意識し、つねにより良い環境で保育が行われるよう努めるのも園長の責任ですし、同時にやりがいでもあります。

 

保育園の最終的な責任は園長が負う

その分責任が重く、経営状態や人手の問題などに頭を悩ませることも多くなります。また何かトラブルが起こったときには最終的な責任を負うことになりますし、保護者からの不満を一身に浴びなければならなくなることもあります。

それが原因で辞めざるを得なくなることも。こうした負担に耐えられるかどうかが延長の適性を問うひとつのポイントといえます。

 

 

3.保育園の園長の転職注意点

保育園の園長の転職注意点

保育園の園長が転職を目指す場合には次の職場ではどのような立場で働きたいのかをはっきりさせておきましょう。

簡単に言えばほかの保育園でも改めて園長として働きたいのか、それとも保育士に戻って働きたいのか。とくに園長の仕事に限界を感じて仕事を辞める場合にはこの段階で考えをはっきりさせておきましょう。

 

園長は自分の悩みを解消できる職場を選ぶ

園長としての採用を目指す場合にはどうしても求人の数が少なくなるのでまず幅広く情報収集ができるルートを確保しておきましょう。そのうえで前の職場で感じていた不満や限界がない職場かどうかをチェックします。

園長が転職する理由は経営面の悩みや保護者からのクレーム、理事会との軋轢などさまざまなものがありますから、自分が抱えていた悩み・不満を解消できる職場かどうかを見ておくことが大事なのです。

 

園長から保育士への転職は過去のキャリアの反映具合を見る

一方園長ではなく保育士として働きたい場合には過去のキャリアが収入にどれくらい反映されるのかを見ておきましょう。

園長経験者は月給で5万円程度高い評価を受けるのが一般的ですから、自分のキャリアに相応しい給与を用意してくれる職場を探していくことが求められます。

 

 

4.保育園の園長の転職求人の探し方

保育園の園長の転職求人の探し方

保育園の園長が転職の際に求人を探す場合には情報収集の方法にひと工夫が必要です。

保育士として最高といっても良いキャリアを持っているわけですから、それに見合った待遇の給仕の中から転職先を探していくことになるため、求人にも量よりも質が求められます。

 

園長の求人探しに保育士転職サイトは必須

園長の求人は非常に数が少なく、しかも非公開の形が多いので保育士転職サイトの活用は不可欠といってよいでしょう。それも転職サイトの担当者からの情報提供が充実しているところを選ぶのがポイントです。

職場の雰囲気だけでなく経営状態なども知っておきたいところです。

 

人脈やコネをフル活用しよう

人脈、コネもフル活用することが大切です。対外的な仕事が多い園長職はそのキャリアの中でさまざまな人脈・コネを築き上げていくことができます。

それをうまく活用してよい求人がないかどうか、どこかの保育園で園長職の空きがないかどうかを探していきましょう。求人サイトよりもこちらの方がよい職場を見つけられる可能性もあるので遠慮せずに役立てていきたいところです。

 

新規オープンの保育園を狙おう

異動・退職が多くなる4月に合わせて転職活動をはじめること、新規オープンの保育園の求人を狙って探すことなども求人の探し方のポイントとして踏まえておきましょう。

 

 

まとめ

最大の特徴は現場で保育を行うことはなく、もっぱら経営に専念することでしょう。

事務的な仕事、あるいは対外的な仕事が多く、保育園にはほとんどいないというケースも少なくありません。資金の管理や運営にかかわりのある業者との話し悪しなど、ビジネスマンとしての資質も求められます。

さらに保育士の新規採用に関して最終的な決定権も握っているため、園長がどのような保育士を雇うかによって職場の雰囲気や保育のクオリティまでも変わってきます。

そのほか理事長をはじめとした経営陣との話し合いや意見の調整などを行うため、中間管理職的な面も備えています。こうしてみても園長が保育園の評判を決定付けるというのも納得ができるのではないでしょうか。

口コミを投稿する


Submit your review
  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です