保育士が結婚退職するメリットデメリット

保育士が結婚退職するメリット・デメリットと復職のポイント

保育士の多くは、小さな子供が大好きだからという理由で保育士になっていますが、保育のお仕事は体力的にも精神的にもかなりタフでなければ勤まらない仕事です。ですので、結婚退職する保育士は少なくありません。

このページでは、保育士が結婚退職するメリット・デメリットと、結婚退職した後に保育士に復職する際の求人の探し方・お勧めの職場をご紹介します。

結婚を機に保育士を続けるか退職するか悩んでいる保育士は、ぜひ参考にしてください。
 

1.保育士が結婚退職するメリット

旅行中のカップル

保育士が結婚退職する1番のメリットは、体力的にも精神的にもゆとりのある結婚生活をスタートできるという点があげられます。

保育士の仕事は、毎日たくさんの子供と外を走り回るなど、体力的にかなりハードなお仕事です。結婚を機に仕事を辞めず働き続けると家庭と仕事の両立が難しく、ゆとりのある結婚生活ができません。

 

ストレスを感じずに結婚生活をエンジョイできる

保育士は言うことを聞かない子供がいたり、モンスターペアレンツがいたりすると、精神的にも大きな負担を抱えてしまいます。

結婚退職をすることによってそうしたストレスから解放されますから、毎日パートナーのためにハッピーな自分でいることができるというメリットが期待できます。

 

妊活がしやすくなるというメリットも!

精神的なストレスや体力的に慢性疲労になっていると、妊娠したくてもなかなか妊娠できないことは多いものです。

しかし、結婚退職をすることによって体力的にも精神的にもストレスレベルを下げることができますから、妊活にとっては大きなプラスになります。

 

2.保育士が結婚退職するデメリット

財布が空の女性保育士

保育士が結婚退職をする1番のデメリットは、収入がなくなってしまうことでしょう。結婚後の世帯収入が少なくなることで、金銭的な余裕が少なからず減ってしまいます。

保育士は他の仕事と比べると低賃金と言われていますが、それでも毎月10万円~20万円ぐらいにはなります。

結婚して子供ができると毎月の出費も増えることになりますから、結婚退職することによって収入が少なくなってしまうことは、長期的な目で見て家計にとってデメリットです。

 

キャリアが絶たれてしまう

保育士の仕事に限らず、1度仕事を辞めてしまうとブランク期間が発生し、復職したいなと思ってもなかなか満足できる仕事が見つかりにくくなるものです。

保育士の場合にも同様であり、結婚退職して出産、育児を経たのちに復職したいなと思っても、給料面や待遇面で満足できるお仕事を見つけにくくなってしまうことは、結婚退職するデメリットと言えます。

 

ポイント

保育士へのポイント

1度辞めてしまうと、体力面でも精神面でも楽で、それでいて子供たちを関わることができるお仕事を見つけることはなかなか難しいものです。

 

3.保育士が復職する際の求人の探し方

パソコンに向かう女性

結婚退職した後に数年間のブランク期間があり、そののちに復職したいと思う保育士は少なくありません。

しかし、ブランク期間があったことによって求人の探し方には工夫が必要となります。保育士の求人にはいろいろなものがあり、待遇やお給料面も多種多様です。

経験者求むというような求人募集は、ブランク期間がある保育士にとっては採用されにくいので、できれば未経験者可とか、経験不問と明記されている求人募集を探したほうが良いかもしれません。
 

延長保育を行っていない施設を探す

保育士に復職すれば、結婚生活と仕事を両立しなければなりません。そのためには、必ず求人募集を探す時に勤務時間をチェックしてください。

近年では、夜間保育・早朝保育・休日保育などの延長保育を取り入れている保育園が増えており、保育士の勤務時間が不規則になっている施設が多いです。

できるだけ規則正しい勤務時間で働かないと、パートナーとの生活にずれが生じてしまい、それが夫婦間の亀裂にもつながりかねません。

 

ポイント

保育士へのポイント

延長保育を行っている施設に転職する場合は、事前に延長保育は担当しない、と伝えることが大切です。

 

幼稚園と保育園を兼ねている施設を探す

もしも将来、子どもと関わることができるお仕事で体力面で楽な仕事につきたいという保育士なら、結婚退職した後に幼稚園教諭の資格を取得して、幼稚園と保育園を兼ねている施設へ転職することがお勧めです。

保育園と幼稚園の機能がコラボしている施設なら、給料が良いため収入アップにもつながります。

 

ポイント

保育士へのポイント

結婚した後には、家庭と両立できる仕事を探したほうが結婚生活も仕事もハッピーに継続しやすくなるので、仕事選びでは実際に働いている自分をシミュレーションしながら、両立できるかどうかを考えましょう。

 

4.まとめ

保育士が結婚を機に退職する場合、保育園側が別の人材を雇用する時間が持てるように、具体的に退職する日程が決まってなくても退職することが分かった時点でできるだけ早めに園に通知しましょう。

おおよその時期を伝えるだけでも保育園の側は求人募集を出しやすくなります。

一般的に、退職届を提出する時期は最低でも仕事を辞める2週間ぐらい前でもOKと言われていますが、保育士の場合には保育できる子供の数が保育士の数によって異なるため、急に辞めてしまうのは周りの人に迷惑がかかってしまいます。

波風立てずに円満退職できるよう、退職時期には細心の注意を払い、最低でも2か月ぐらい前には保育園に通知したほうが良いです。

また、結婚式のギリギリまで働くという保育士も多いですが、結婚式の準備で忙しくなってしまうので挙式1ヶ月ぐらい前に退職したほうが精神的に余裕をもって退職できます

口コミを投稿する


Submit your review
  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です