発達障害児療育センター保育士仕事内容求人の見つけ方

発達障害児療育センターとは?保育士の仕事内容と求人の見つけ方

発達障害児教育に興味のある保育士にオススメの職場が「発達障害児療育センター」です。なぜなら、このセンターには様々な発達障害を抱える子供らが通っており、そこで働く保育士はその発達障害児や保護者らを支援することになるからです。発達障害児に携わっていきたいと考える保育士にとって、やりがいと充実感を感じられることは間違いありません。

そこでここでは、これからますます注目度が高まるであろう発達障害児療育センターの概要やそこで働く保育士の仕事内容そして、求人の探し方をご紹介させていただきます。

 

1.発達障害児療育センターが担う役割とは

発達障害児療育センター役割

発達障害児療育センターとは、主に小学校に上がる前の発達障害を抱える子どもを対象に、それぞれの特性にあわせた個別の発達支援計画を作り、適切な支援を行う通所施設です。

達障害のある子どもたちへの国や地方自治体などが、さまざまな支援政策を行っており、その一環が「発達障害児療育センター」です。

 

(1):発達障害の子ども達へ適切な支援を提供する

発達障害とは、自閉症やアスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害、学習障害など、先天性の脳機能障害のことを言い、低年齢で症状が現れるのが特徴です。このような発達障害の子どもに対しては、適切な支援を行うことが非常に重要です。

自立と社会性を育むサポート

支援センターでは、通所してきた子どもに着替えや食事など、基本的な身のまわりのことが自分でできるように支援するほか、その子の特性に合わせた課題を作り、社会性を育んだり、周りの人と意思疎通ができたりするよう支援します。

 

個別の計画に合わせた療育を行う

子どもたちが興味をもって課題に取り組めるよう、個別の計画に合わせた療育を行うため、それぞれにスケジュールを作成します。日課など課題への取り組みと、その評価を行いながら、適切な療育サービスの提供を目指します。

(2):保護者に対し、発達障害児への適切な療育ができるよう指導

子どもへの療育だけでなく、保護者などの家族が発達障害について正しく理解し、発達障害児療育センター内だけでなく、地域や家庭でも適切な療育ができるよう指導も行っています。

 

(3):発達障害児に関わる保育所のスタッフへの指導

通所サービス以外にも、発達障害の子どもがいる一般の保育所などに訪問し、集団生活に適応するための専門的な支援や、保育所のスタッフへの指導なども行っています。

2.発達障害児療育センターで働く保育士の仕事内容

発達障害児療育センター保育士仕事内容

発達障害児療育センターでの保育士の役割は、子どもたちに生活習慣についての指導を始め、対人関係がうまく結べるよう支援するなど、障がいの状況に合わせて、きめ細かな療育を行うことです。集団で同じことができるようにする、指示されたことをきちんと行える、人の話を最後まで聞くなどの療育を行います。

(1):発達障害児の日常生活スキル・社会スキルを伸ばす

子どもたちに対しては、個別に支援計画書と目標を作成し、それに基づいて療育を行い、目標達成を目指します。主に手洗いや排泄、歯みがきなど、日常生活で必要となるスキルや、将来必要となる社会的スキルのなかから、子どもの状況に合わせて意欲的に取り組めるスキルを伸ばす療育を行います。

 

遊びや日常の体験を通じ成長を支援

このほかにも順番を守る、人に暴力をふるわないなど集団生活を送るうえで必要となるルールを教えるなど、遊びや日常の体験を通じて、子どもたちの成長を支援します。

 

家庭で子どもがどのように過ごしているか確認する

子どもが家庭でどのように過ごしているのかを聞いて、センターでの療育の参考にすることもあります。保育士が子どもやそのご家族と交流し、家族と同じような立場に立って、子どもの成長を支援していきます。

(2):保護者の育児相談に応じる

子どもへの支援だけでなく、お母さんなどご家族への対応も、保育士の重要な役割となります。育児について悩みや不安を抱えているご家族の相談にのったり、子どもへの対応で困ったときにどうすればよいかといった、子どもへの適切な接し方を指導したりします。

 

(3):保護者に発達障害に対する正しい知識を知ってもらう

発達障害に対する正しい知識を持ってもらうために、個別の説明や研修会を行います。その上で、今行っている療育の目的を伝え、療育の意味を理解してもらいます。それと同時に、子どもとの接し方についても指導し、保護者が積極的に子どもの成長に関われるよう支援します。

4.発達障害児療育センターの保育士求人を見つけるには?

発達障害児療育センター保育士求人見つける方法

発達療育センターの保育士求人は、発達療育センターが個別に人材募集をしているのをハローワークなどで探すのがもっとも一般的な方法ですが、都道府県が臨時に保育士を求人しているケースもあります。障害児保育の関係機関からの求人情報をこまめにチェックしましょう。

 

(1):保育士専用の転職サイトも合わせて併用しよう

保育士転職サイトの利用も忘れないようにしましょう。保育士転職サイトは、保育士専用の転職支援サービスです。求人募集先の保育機関が費用を出して、求人募集広告を行っているため、転職希望者は無料で利用できます。発達療育センターからの求人情報も豊富ですから、希望の条件に合った求人を探しやすいのがメリットです。

 

保育士転職サイトの非公開求人にはハローワークなどにはない情報が満載!

非公開で募集されている求人も、紹介してくれます。非公開の求人は一般公開の求人に比べて給与待遇が良いなど、好条件のものが多いので、ハローワークなどの公開求人だけでは得られない、求人がみつかります。

 

まとめ

保育士として、発達障害児やその家族らと関わることは、時に大きな葛藤を抱えることもあるはずです。しかし、保護者らと教育しながら児の成長を見守っていくことは、その葛藤を乗り越え「やりがい」や「感動」を生むのではないでしょうか。

また、発達障害児療育センターの求人数は一般の保育施設と比較すると、かなり数が限られてはきますので、もし「いずれかは」と考えているのであれば、早めに行動に移していくことをオススメします。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です