保育士 退職 理由 円満 ポイント

保育士のリアルな転職・退職理由!円満に退職するポイントとは?

人間関係や給与の問題など、様々な問題から保育士を辞めたいと思っている方は沢山いらっしゃるかと思います。

保育園の多くはギリギリの保育士で運営されていることが多く、辞めたくても他の人に気を使って辞めれないという方も多いもではないでしょうか。

そのため今回は、保育士のリアルな転職・退職理由と円満退職するポイントについてご紹介します。

人気No.1保育士転職サイト

マイナビ保育士



 

1.保育士が転職・退職を考える3つの理由

保育士を辞めたくなる理由

現在少子化が問題視されている中で保育園に通う事のできない待機児童が増えてきています。その原因の一つとして考えられるのが保育士不足です。保育士という仕事を長く続けている人は少なく、実際に10年以上続けている人は少ないです。ではなぜ保育士を辞めたくなってしまうのでしょうか。多い理由をまとめてみました。

 

サービス残業が当たり前だから

保育士の問題として大きく取り上げられているのが労働時間の劣悪さです。公務員などの場合決められた時間に帰るという事が当たり前とされていますが保育士の場合はとにかく仕事の拘束時間が長いです。このことが辞める人を増やしてしまう大きな原因の一つとなっています。

 

勤務時間外にやる事が多い

保育園に子供たちが来る前に保育ができる状態にしておかなければなりませんし、子供たちが帰った後も明日の準備などやるべき業務が沢山あります。運動会やお遊戯会などがあると、朝早くから夜遅くまで準備に時間をとられてしまいます。そして、保育園はイベントが沢山あります。そのため、イベントの準備などやることが常にあるため休む時間もなかなか取れないのが現状です。

 

休日もあるが自宅で仕事をする事も多い

保育士にも休日は存在しますが、出来なかった仕事を休日に自宅で行う事も多く、休日に保育園に行って準備を行うことも沢山あります。保育園の規模などによって仕事の量も変わってはきますが、ほとんどの保育園が同じような状況に陥っています。保育園の業務自体、残業が当たり前の上で成り立っているのです。

 

子どもの命を預かる責任の重さと給与の安さ

保育士という仕事は子供を預かって保育を行うという仕事のため、子供の命を預かる大変責任の重い仕事です。子供は、突然何をするかわかりませんし、思わぬ事故がおきてしまうこともあります。そうならないために、常に気を配らなければなりません。そのため、勤務中はなかなか気が休まりません。

 

体力的にも大変な環境

体力的にも1日中子供たちと一緒に動きまわらなければならないことが多いため疲労から体調を崩す方も多いです。実際にも肉体的なストレスで休職する方も少なくありません。

 

忙しさの割に給与が少ない

これだけ忙しい仕事で休みがなかなかとれないのにもかかわらず、貰える給料がとても少ないということも離職率が多くなる原因の一つです。特に公立の保育園で勤務する場合は地方公務員扱いになるため給与も少ないです。初任給の手取りが10万以下の人も多く仕事内容と拘束時間を考えると少なすぎる金額です。

 

女性特有の人間関係の不満

保育士になるほとんどの方が女性のため、女性独特の陰口やイジメといったものはとても多いです。保育士になった当初は子供が好きという気持ちで働いているのに、人間関係のごたごたに巻き込まれてしまうと好きな仕事にも嫌気がさしてしまします。閉鎖的な女性社会の中にはある上下関係ほど面倒なものはありません。先輩の顔色を伺いご機嫌をとりながら毎日仕事をして心身ともに疲弊してしまう前に新しい道を考え対処しましょう。

 

2.保育士転職・退職するか悩んだら、まずは相談しよう!

保育園を辞めることの相談相手

保育士の仕事をしていて、様々な理由から辞めたいなと考える時はあると思います。その際に、そのことを相談する相手というのが非常に重要になってきます。相談する相手を間違えると大事になりかねないため注意が必要です。では、どんな人に相談した方が良いのか確認していきましょう。

 

同期や先輩には相談しない方が良い

状況をよくわかってくれるため、同期や先輩に相談しようと思う人は多いと思います。しかし、これは絶対にやってはいけません。なぜなら、辞めると言った際には引き止められることが多いからです。そして、辞めようか悩んでいることが職場に広まってしまう恐れが非常に高いからです。そのため、同期や職場の人にはなるべく相談しないようにしましょう。

 

社会人経験が豊富な人に相談しよう

愚痴を聞いてもらうだけなら、保育園以外の友人に話すのもありですが実際に仕事を辞めるべきかどうかという相談に対してあまり参考にならないことが多いです。そのため、この状況で辞めても良いのか、自分の仕事現場で行われている事は一般的なのかといことを相談するには社会人の経験が豊富な人の方が良いです。自分が思っていることが正しいのかどうかは社会人としてどうなのかという視点から考えると見えてきます。

 

保育士転職サイトキャリアコンサルタントに相談

近くに良い相談相手がいない場合は、キャリアコンサルタントに相談してみると良いです。保育士の転職サイトに登録するだけですぐに相談に乗ってもらうことができます。今の環境が良いのか、転職した方が良いのかという話にも相談にのってもらえるため求人を探す目的でなくても一度利用してみる事をおすすめします。

 

3.保育園を円満退職する最適な時期とポイント

保育園を辞める事を伝える時期と相手

保育士の仕事はいわば激務ですし、人間関係も大変なことが多いため退職したいと考える人は多いと思います。無理して続けてもストレスを抱えてしまうだけです。でもいざ辞めると決めた際はいつ誰に言えば良いのでしょうか。保育園を辞める際に伝える時期や相手について確認しましょう。

 

退職に最適な時期は年度末

基本的には年度末が無難とされています。しかし、実際は年度末途中でも問題はありません。保育士の方は受け持つ子供達がいるため辞める際は、子供達への不安や保護者の方や他の先生に迷惑をかけてしまうのではないかと心配してしまいますよね。でもそこはしなくても大丈夫ですので自分のタイミングで辞めても大丈夫ということを頭に入れておきましょう。

 

自分の気持ちに正直に

保育士を辞めたら色んな人に迷惑がかかってしまうと思わず、自分の気持ちを優先させるようにしましょう。そうしないといつかは、精神面、肉体面共に限界がきてしまいます。そうなってしまっては元も子もありません。責任感のある方は自分の気持ちだけで辞めれない方が多いです。そういった方に伝えたいのが、自分を大切にしたからこそ相手を大切にできるという事です。

 

ポイント

保育士へのポイント

状況によってはいつ辞めても良いことを忘れないでください。

 

 

最低でも退職願いは1ヶ月前に

年度末で辞める場合は、年明けに今後の予定を確認されると思います。そのため、そのタイミングで退職の意思を伝えましょう。年度途中で辞めたいという方は、約1か月前を目安に退職の意思を伝えるとスムーズにいきます。辞める事を伝えるのは2週間前で良いと考える方もいると思いますが、実際保育園側も辞める人がいるとその準備も行わないといけないため、最低でも1か月前に伝えると親切です。

 

まず退職願いを伝えるのは直属の上司

保育園によって伝える必要がある人は様々だと思いますが、基本的には直属の上司に対して伝えるようにしましょう。保育園においては、同じクラスの先輩ではなく主任に伝えるのがベストです。園長先生に伝えてしまうのではなく、主任に伝え、主任が園長先生に伝えるという段階を踏みましょう。間違えてもクラスの先輩には伝えないように注意しましょう。

主任に伝えた後もすぐに安心してはいけません。なぜなら、主任が園長に伝えてくれない場合もあるからです。もともと保育士の入れ替わりが激しい保育園だったり、いい加減な主任の場合は、退職の意思をつたえたのに園長まで話すのを忘れてしまっていたり、結局伝わらずに辞める予定日に近づいてしまうということがあります。

 

園長に伝わるのが遅いと退職を認められないので注意

主任から園長に伝わったのか分かないまま時が経ってしまい、実際は伝わってなかったなんてことがあると辞めれなくなってしまいます。そのため、主任に辞める意思を伝える際に園長にも確認をとりたいという事も一緒に伝えましょう。そうすることで確実に園長に伝わるようにしましょう。

 

退職理由で具体的な話は言わないようにしよう

辞める理由は、家庭の事情や他にやりたい事ができたなど具体的なことはなるべく言わないようにしましょう。辞める理由のほとんどが今の保育園に対する不満などがあげられていますが、その事が原因で辞めますということは絶対に言わないようにしいましょう。言ってしまうと残りの勤務時間が気まずいですし引き止められる恐れもあります。そのため、その点には注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。保育士の仕事は、子どもと接していない時間も以外と多いです。そして、その時間を楽しむことができないといくら子供が可愛くても我慢できないですよね。保育士の方の中では、人間関係がきつくて辞めてしまう人がとても多いのが現状です。

せっかく子供がすきで頑張って取った資格なのに、他の要因に邪魔をされては意味がありません。そのため、自分が今の環境に合わないなと感じた際は、まずは身近な人ではなく専門家や社会人経験が豊富な方に相談してみて下さい。

それでも辞めたい、やめた方が良いと感じた場合は、段取りを踏んで辞める意思を伝え転職までの道のりを作っていきましょう。転職は悪い事ではありません。そのため、やめる事を不安に思わず前向きな気持ちで転職活動に望んで頂ければと思います。これから保育士として転職活動をされる方にとって参考になれば幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です