保育士 認定こども園 転職

保育士が認定こども園へ転職する時に知っておきたいポイント

認定こども園とは小学校の就学する前の子供の教育と保育を行うための施設です。都道府県による認可を受ける形で運営されています。

幼稚園・保育園との違いとしては挙げられるのは保育・教育に加えて子育て支援も含めて一体的なサービスを提供している点です。そのため一般的な幼稚園・保育園よりも長時間保育を行うところや、0~2歳児を預かるところもあります。このページでは保育士が認定こども園に転職する時に知っておきたいポイントをまとめています。現在、転職中の保育士の方はぜひ一読ください。

 

人気No.1保育士転職サイト

マイナビ保育士


1.認定こども園の種類

保育士認定こども園の種類

認定こども園にはいくつかの施設のタイプがあり、保育所的な機能が強い保育所型、幼児教育を重視した幼稚園型などがありますから、勤務する施設がどのタイプかによっても保育士の仕事内容が異なってきます。

 

取得している資格によって仕事内容が異なる場合も

認定こども園では保育士と幼稚園教諭免許の両方を取得していることが望ましいといわれており、取得している資格によっても仕事内容が異なってくる面もあります。この施設への就職・転職を検討している場合には入職後に資格を取得しやすいかどうかなども踏まえつつ仕事内容をよく確認しておきましょう。

 

2.認定こども園で働く保育士の一般的な1日のスケジュール

保育士認定こども園で働く1日のスケジュール

認定こども園で働く保育士は保育園での勤務内容をもう少し幅広くしたようなスケジュールで1日を過ごすことになります。そのため、1日の流れは基本的には保育園と共通しているカタチになります。

子供たちを出迎える

7時頃には出勤して一日の準備、そして8時~9時までの間に登園する子供たちを迎え入れます。その後は室内遊びや外遊び、その他の保育を行うことになります。

お昼ご飯

お昼ご飯は11~12時まで。その後は昼寝の時間となりますが、5歳を担当する場合には昼寝の代わりに外遊びを行う施設もあります。その後は午後の遊びや保育。15時におやつを食べた後に子供たちの降園を送ることになります。3~5歳までの場合は延長保育も担当します。

帰園~スタッフの反省会

17時には子供を相手にした業務が一通り完了し、その後はスタッフが集まって反省会と情報交換を行ったうえで明日以降の方針の確認、準備を行います。そして最後に最後の見回りと掃除、戸締りをしたら就業です。

 

夜遅くまで預かる施設もある

ただし、認定こども園の場合はこうした一般的な業務に加えて18時以降でも預かる保育を行うケースもあるため、シフトによって保育士の1日のスケジュールも異なっています。夜に預かる保育を行う場合には保育所に近い仕事内容となるため、保育園と保育所の両方の仕事を日々の業務の中で行っていく形となるのです。シフトや具体的な一日のスケジュールに関しては施設によって違いが出てきます。

 

3.保育士が認定こども園で働くメリット

保育士認定こども園で働くメリット

保育士が認定こども園で働く場合、保育士本来の役割やスキルを超えた役割が求められるケースが増えます。これはキャリアアップ、スキルアップの面で大きなメリットにもなります。認定ごとも園でキャリアを積むことでこれまでよりも幅広い業務を担当することができるようになり、施設内でのキャリアアップはもちろん、院内保育所や企業内保育所などさまざまな職場への転職を目指す際にも経験が役立つでしょう。

 

安定した雇用環境で働くことも見込める

認定こども園で働く保育士・幼稚園教諭はスキルや資格の面で高いハードルが課される一方、採用されれば安定した雇用環境で働くことができます。とくに保育士の場合は需要の増加に対して収入面の実態が追いついておらず、厳しい仕事に対してなかなか収入アップが期待できないことから離職してしまうケースが少なくありません。安定した環境で働ければそうした問題も少なくなるわけです。

収入アップが期待できる!

政府は2015年度から私立の認定こども園で働く職員の給与を3パーセントアップしました。もともとこの認定こども園は国を挙げて普及に取り組んでいる面があるため、こうした政府主導で保育士をはじめとした働く職員の環境改善が進められているのです。この傾向は今後も進んでいくことが予想されており、転職によってこれまでよりも収入アップが期待できるわけです。

 

4.保育士が認定こども園で働くデメリット

保育士認定こども園で働くデメリット

認定こども園で保育士が働く・転職する場合、この施設の独自の制度や業務内容がもたらすデメリットにも注意が必要です。この施設は幼稚園と保育園の両方の機能を兼ね備えているのが大きな特徴のため、保育士としてのキャリアだけでは十分に対応しきれない面もあるのです。

 

幼稚園型の施設だと経験を活かしきれない可能性がある

とくに幼稚園型と呼ばれる幼稚園の面が強い施設の場合、保育士は重要な仕事を任される機会が少なかったり、保育園ではないような役割や決まりなど戸惑うこともあります。この点は将来のキャリアとも深く関わってくるだけに重要です。自分のスキルとキャリアをその施設で十分に活かすことができるか、仕事を通してキャリアアップを目指していけるかどうかをあらかじめ確認しておくことが大事なのです。

保育士のスキルだけでは不十分場合も

それから保育だけでなく幼稚園で行われる教育も行われるため、子供と接する仕事そのものに保育士にはない知識とスキルが求められるようになります。あくまで保育士として保育の仕事を行いたいという人にとっては少々当てが外れたような職場環境になってしまう恐れもあるのです。

不規則な生活ペースになる可能性がある

保育園はもともと幼稚園に比べて保育時間が長い施設ですが、認定こども園の場合はさらに長いところが多く、シフトによっては朝早く、夜遅くなど不規則な生活習慣になってしまう可能性もあります。こうしたデメリットがどれだけ自分にマイナスになるかもよく検討したうえで判断するようにしましょう。

 

5.認定こども園の求人を探す時に必ず確認すること

保育士認定こども園の求人で必ず確認すること

保育士が認定こども園に転職を考える場合にはまずどのような環境で働くことになるのか、そして自分が採用されるチャンスがあるのかをしっかり踏まえたうえで求人探しを行っていくことになります。

 

必要とされる資格をチェック!

まず最低限の条件として調べておきたいのが必要とされる資格です。認定こども園は幼稚園と保育園の両方の機能を備えたような環境づくりが大きな目標となっているため、施設内では保育士と幼稚園教諭の両方を求めているケースが見られます。そのため認定こども園からの求人でも保育士は応募不可能というケースもあります。まずこの点をクリアしているかどうかを確認しておきましょう。

 

業務内容をチェック!

それから保育士の資格でどのような業務を担当することになるのかを確認する必要があります。認定こども園は0~2歳児も預かる対象となっており、保育士はもっぱらこの年代の子供を相手に業務を行うケースが見られます。

 

幼児を担当したくても希望に合わないことも

そのため保育園のように3~5歳児を相手にした仕事をしたいという場合には希望に合わない、あるいはやりがいが感じられない就業環境になってしまうので注意が必要です。保育士で応募可能な求人では具体的にどのような役割が求められるのかを確認しておきましょう。

 

別の資格取得のチャンスがあるかどうか

認定こども園に就職した後に幼稚園教諭など関連資格を取得する特例制度を利用することも可能です。そのため、資格取得のための準備ができる就業環境かどうか、1週間の勤務日数やシフトなども必ず確認しておきたいところです。

 

6. 認定こども園の保育士求人の探し方とコツ

保育士認定こども園求人の探し方とコツ

認定こども園は保育園、保育所と比べて数が限られていますが、大体の施設はホームページを開設しいるため、そこから詳しい情報を得ることができます。それからやはり欠かせないのが保育士転職サイトです。

 

転職サイトを利用して情報収集を念入りに!

転職サイトでは、限られた求人情報を非公開求人や転職サイトの担当者からの求人情報の提供によっていち早く入手するのはもちろん、転職サイトの担当者から得られるひとつひとつの求人の詳細な情報提供も役立ちます。その認定こども園では保育士が実際にどのような環境で働いているのか、幼稚園教諭との関係はどうかなど、求人情報では見えてこない情報を知ることができるので自分にあった求人を絞り込んでいく上でぜひとも役立てたいところです。

 

まとめ

認定こども園の保育士求人はまだまだ少ないというのが実際のところです。まだ施設そのものが普及し始めてそれほど時間が経っていないことや、施設には保育士と幼稚園教諭両方が勤務する形となることが、その理由です。それだけに、もしあなたが認定こども園で働きたいとのであれば、限られた求人を見逃さず、チャンスを生かせる求人探しを行っていく必要があります。

認定こども園は政府が力を入れている施設でもあるので、今後ますます注目が高まることが予想されます。様々な経験をして保育士としてのキャリアを積みたい人にとってはオススメの転職先だと言えるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です