保育園 種類 転職 

保育園の種類とは?保育士転職で必ず押さえたい保育園の種類

就学前の子供を預かる施設が保育園ですが、それにはいくつかの種類があります。とくに近年では施設の安全性に対する不安が指摘されるようになっていることで種類に対する関心が高まっています。

保育園の種類に関しては認可保育園、認証・認定保育園、認可外保育園の3種類に大きく分けることが可能です。ここではまずそれらの3つの違いと、最後に公立保育園と私立保育園の違いについて説明していきます。

現在、転職を検討中の保育士の方はこれらの違いをしっかりと踏まえた上で転職活動を行っていくようにしましょう。

 

人気No.1保育士転職サイト

マイナビ保育士


1.認可保育園とは

保育士認可保育園とは

認可保育園とは国によって認可を受けた施設のことで、国が定めている厳しい基準をクリアしたうえで運営されています。実際には国の基準を満たした上で各都道府県の知事が認可する形となっています。

 

認可保育園は設置基準が厳しい

国が定めているということもあり、基準は非常に厳しく、施設の面積や庭があるかどうか、在籍している保育士の人数は十分か、衛生環境や防災施設がしっかり備わっているか、給食が充実しているかといった幅広い範囲からチェックされます。また在籍している園児の数が安定しており、しっかりと経営が成り立っているかどうかも考慮されます。環境面においてはこの認可保育園がもっとも理想的な選択肢となるでしょう。

 

2.認証・認定保育園とは

保育士認証認定保育園とは

それから認証・認定保育園は東京都が独自に設けている制度で、他のエリアにはないものです。東京都が設けている基準を満たしたうえで運営されており、認可保育園との違いは主に規模にあります。

 

東京都ならではの保育園

小規模で在籍している保育士や通っている園児の数も少なく、施設面でも園庭がないといった特徴が見られます。どうしても土地柄広い面積や充実した設備を用意するのが難しい東京都ならではの制度といえるでしょう。施設が不足している分は近くの公園を園庭代わりに使用するなどの工夫で園児にとって相応しい環境づくりを目指しています。

 

3.認可外保育園とは

保育士認可外保育園とは

認可外保育園とは国や都道府県の認可を受けておらず、独自に経営されている保育園のことを言います。認可外というとどうしてもマイナスのイメージを抱いてしまいがちですが、実際には認可保育園にはない手厚いサービスを行っているところが多いのが特徴です。

 

保護者の多様なニーズに応えることが求められている

認可を受けていないのはおもに規模の問題であることが多く、その代わり保護者のニーズにこたえる形で遅くまで園児を預かったり、通常の保育園では行われない教育を積極的に取り入れているなど施設ごとにサービスに個性が見られます。ただサービス内容が充実している分保育料がやや高めです。

 

4.公立保育園と私立保育園の違い

保育士公立保育園と私立保育園の違い

それでは最後に、公立と私立の違いについて見ていきましょう。この二つの最大の違いは運営元です。公立保育園は市町村の自治体が運営しているのに対し、私立は民間の団体・組織が運営しています。私立で多いのは社会福祉法人ですが、近年では一般企業や学校法人、さらにはNPO法人などさまざまな団体・組織が設立・運営している保育園が増えている状況です。

 

公立保育園の特徴

この運営元の違いは保育環境にも大きな違いが出てきます。公立保育園の場合は各自治体ごとの特徴もありますが、基本的には平均的で一般的な方針やカリキュラムのもとで保育を行っています。極端に言えばどの公立保育園でもやっていることは共通しており、保育士の役割もそれほど変わらないのです。

 

私立保育園の特徴

それに対して私立保育園は運営元の方針が前面に出ていることが多く、施設ごとにかなり違いが出てきます。宗教系の法人が運営している保育園なら宗教に基づいた保育を行ったり、1日のカリキュラムに祈りの時間を設けているといったケースも見られます。まだ英語教育など教育に力を注いでいるところも増えているなど全体的に個性化・個別化の傾向が見られます。この点は保育士の就業環境や求められる役割にも非常に大きな影響を及ぼすだけに重要です。

 

保育士の異動について

さらに保育士にとっては異動があるかどうかも大事な違いです。公立保育園の場合は公立の小中高と同様、異動が伴うのに対し、私立の場合はグループ内で複数の保育園を運営していない限りは移動することはありません。この点では私立保育園の方が適している面もあるのですが、一方では運営元の方針の変更によって就業環境が変わって居づらくなってしまうといったケースもあるので難しいところです。

 

まとめ

保育園の形態によって、そこで働く保育士に求められる役割も全く異なってくることが分かります。自分の理想の保育士像を明確にし、出来るだけ自分の保育理念に合った保育園を見つけることが転職成功の鍵を握っていると言えるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です