40代の保育士平均年収・月収 転職注意点

40代の保育士の平均年収・月収と転職注意点3つ!

このページでは40代保育士の平均年収・月収と転職する際の注意点をご紹介していきます。20代には20代の、そして40代には40代の、それぞれ異なった転職注意点があります。「保育士はどこで働いても一緒」などとは決して思わず、今の自分に合った保育園を探していくようにしましょう。

 

1.40代の保育士の平均年収・月収

40代保育士 平均年収 平均月収

保育士の仕事は、年齢が高くなったからと言って月収や年収が大幅にアップするわけではありません。その理由は、保育士の給料は保護者からの保育料や、自治体からの補助金によって賄われているためだからです。

保育士の平均年齢は35歳で平均年収は323万円程度、月収にすると毎月22万円程度のお給料となっていますが、40代になっても金額自体は大きく変わることは期待できません。
 

収入アップしたい場合は役職を目指す必要がある

そのため、保育士の資格を生かして収入アップをしたい場合には、一般保育士として働くのではなく、クラスリーダーや主任、園長などの役職に就くことを目指すことが必要となります。

 

保育士の中でも比較的、高収入を目指せる

40代の保育士の平均月収は、保育士全体の平均とそれほど変わらない金額になっています。役職につけば、役職手当などが支給されるので年収アップになりますし、経験や知識、スキルを活かしてキャリアアップすることによって、低賃金と言われている保育士の中でも比較的高収入を稼ぐことができるようになります。

 

2.40代の保育士の転職理由

40代の保育士 転職理由

40代の保育士の転職理由で最も多いものは、役職への転職です。それぞれの保育園ごとに、園長がいたりクラスリーダーがいたり、主任などの役職が存在するわけですが、こうした役職についている人たちは離職率が低いためになかなかポジションが空かない場合が多いものです。

 

役職が空くのを待つことができないため

こうした役職への転職を希望している40代の人は、現在の職場でポジションが空くのをじっと待っていても時間がかかるばかりなので、求人募集を見てほかの職場へ転職しようという人が多いようです。
 

腰痛などの健康トラブルに見舞われるため

40代保育士の中には、保育士の仕事を辞めて別の仕事に転職する人もたくさんいます。その理由は、体力的にハードになってきたということと、腰痛など健康トラブルが理由となっている人が多いようです。

保育士の仕事は、小さな子供達と一緒に外を走り回ったり、子どもをだっこするなど体力的にかなりハードなお仕事です。
 

保育士よりも体力的な負担が少ない仕事へ転職

若い時にはハードな仕事でも無理をすることなくこなしやすいのですが、年齢とともにどうしてもきつくなりますから、40代に入ると腰が痛くて走れなくなり、小さな子供をだっこするのがツラいという人が多くなるようです。そのため、保育士よりも体力的にハードではないお仕事へ転職する人が増えてきます。
 

幼稚園教諭免許状を取得して幼稚園へ転職

その他には、幼稚園で働く資格(幼稚園教諭免許状)を取得して、幼稚園へ転職する人も多くなります。幼稚園と保育園とでは、小さな子供を預かすお仕事でも、仕事内容が大きく異なりますし、給料も異なります。

 

3.40代の保育士の転職注意点

40代 保育士 転職注意点

40代の保育士が転職する際には、以下のようにいくつか注意したい点があります。

  • 自分の保育方針に合った保育園を選ぶ
  • 職場の人間関係や雰囲気をチェックする
  • 経験者優遇の求人を見つける

40代ともなれば、20代・30代の保育士のように気軽に転職を繰り返すわけにもいかないため、事前に上記のような情報をリサーチしておくことが、転職成功の鍵となります。
 

(1):保育士方針が合わない保育園は働きにくい

まず一つ目は、仕事内容をきちんとチェックすることはとても大切です。保育園と言っても園によって育児方針等は異なりますし、開催しているイベントの種類や頻度も異なります。

40代になると、ある程度経験やスキルを持っている保育士が多いですから、自分の保育方針と全く異なるような園へ転職してしまっても、働きにくいなと感じたり、人間関係でトラブルになってしまう可能性があります。
 

公式ホームページや口コミでチェック!

転職前に必ずその園の方針やポリシーなどをチェックして、共感できるところへ転職するようにしましょう。こうした方針やポリシーなどは、その保育園の公式ホームページでも見つけることができますし、口コミなどでチェックすることもできます。
 

(2):40代だからこそ、人間関係や雰囲気のチェックを怠らない

職場の人間関係や雰囲気なども、できれば事前にチェックしておきたいものです。保育士に限ったことではありませんが、どんな仕事でも40代に入ると転職先を見つけることが年齢的に難しくなってきます。

せっかく見つけて転職しても、自分に合わないからすぐに転職先を探したいとなっても、年齢的に難しくなってしまうことが考えられます。
 

人間関係を知るには、その園の離職率を調べよう

1回の転職で大満足できる職場を見つけるためには、事前のリサーチが必要不可欠となります。職場の人間関係や雰囲気を知るためには、その園の離職率を調べる方法も有効です。

 

ポイント

保育士へのポイント

働きやすい職場なら保育士は長く勤務することが多いのですが、人間関係がギスギスして職員同士のイジメがあるようなところだと、馴染めずにすぐに辞めてしまう保育士が多いため、離職率は高くなります。

 

(3):経験者優遇の求人の方が待遇面はよくなる

40代の保育士が求人募集を探す場合には、未経験可というお仕事よりも経験者優遇の求人を探したほうが、待遇面ではよくなる場合が多いようです。未経験者でもOKという求人も中にはありますが、そうした求人募集は経験が少ない若い保育士を探していることが多いため、40代になると不利になってしまいます。
 

経験者優遇なら40代でも採用される確立が高くなる

経験者優遇という求人なら、ある程度経験のある保育士、つまり年齢的にも高い保育士でもOKですということですから、40代でも採用される確率が高くなります。

 

まとめ

40代の保育士の転職は仕事内容と体力面を両方、考慮した上で仕事を選ぶ必要があります。せっかくなら、できるだけあなたのキャリアを評価してくれる職場を見つけるようにしましょう。

また、40代になると体力的にハードな仕事はきつくなりますし、不規則な勤務時間で働くことがつらくなってくるものです。転職先を探す際には、できるだけ規則正しい勤務時間で働ける仕事を見つけたいところです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

The following two tabs change content below.
ホイミー(元保育士)

ホイミー(元保育士)

都内の保育園に勤務していました。保育士に向けてプラスになる記事を更新していきます。応援よろしくおねがしいます


保育士の転職口コミ

保育士資格があれば正社員の転職はもちろん、非常勤やパートでも利用できるよ!「運営者:ホイクミー」のプチ解説つき!詳細は利用した保育士の口コミを見てね。口コミには個人差があるので、3社ほど無料登録して自身で必ず比較してね。

1位マイナビ保育士

マイナビ保育士

やっぱり大手の転職会社はしっかりしてるよね。保育士転職会社は大手の転職会社がいままでなかったんだけど、条件の良い転職求人を探して比較したりするならココかな。やっぱり一番おすすめだよ。

4.26
[口コミ19件]

公式サイトへ 口コミを見る

2位保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばさんは担当者の方が丁寧で親切なんだよね。非常勤(パート・アルバイト)でも使えるし、もちろん正社員の転職も可能だよ。良い意味で使い勝手が良いサイトだね!

3.57
[口コミ7件]

公式サイトへ 口コミを見る

3位保育エイド

保育エイド

対応スタッフの方がなんと全員女性限定!対応はしっかりしてるし、人間関係で悩んでいる保育士さんの転職に特化しているんだよね。ちなみに、保育士資格を持っていなくても、パート・アルバイトで保育補助の仕事も紹介してくれるんだよね。

3.8
[口コミ5件]

公式サイトへ 口コミを見る


全国で50社以上ある保育士専用の転職求人サイトをリアルな保育士の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。

ランキング一覧へ



関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です